対決映画ベスト10参加

またまた先週しろくろshowさんのブログへお邪魔してたら
男の魂に火をつけろ!さんの所で今年も春企画が開催されているのを知りました。
今回の企画は
「対決映画ベストテン」です。
うわっ!これはかなり極まったテーマだ!と思う間もなく企画参加を決定!

なお※締め切りは4月29日の深夜24時までとのことです。

対象作品の基準は・・・
・今回は、タイトルを重視します。タイトルに、対決する両者の名前が明記されているものが対象となります。
・『ゴジラ対メカゴジラ』は入りますが『メカゴジラの逆襲』は入らない、というのを基準にしてください。
・洋画/邦画、実写/アニメ、劇映画/ドキュメンタリーなどの区別は問いません。
・ただし、あくまで「映画」に限ります。テレビドラマ、テレビアニメ、ネット動画などは対象外となります。
・タイトルで謳われているキャラクターたちが、作中で実際に戦っていなくてもかまいません。
・実際に観た内容がスットコドッコイだったとしても、タイトルを見た瞬間のときめきが印象的であれば、選んでOKです。
・迷ったときには当ベストテンの大原則である「迷ったら入れる」を採用してください。
・・・とのことです。
MILLAFAN的な基準は"好きなキャラ"の"対決映画"とします。

なのでベストな作品ではなく好きってことでご了承ください。

以下は順不同。

座頭市と用心棒(監督/岡本喜八 出演者/勝新太郎,三船敏郎 1970年)

新座頭市・破れ!唐人剣(監督/安田公義 出演者/勝新太郎,ジミー・ウォング 1971年)

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン(監督/田中重雄 出演者/本郷功次郎 1966年)

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(監督/湯浅憲明 出演者/本郷功次郎 1967年)

ガメラ2 レギオン襲来(監督/金子修介 出演者/永島敏行 1996年)

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)(監督/本多猪四郎 出演者/高島忠夫 1965年)

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(監督/高橋渉 出演者/しんのすけ,ひろし/ロボひろし 2014年)

カウボーイ & エイリアン(監督/ジョン・ファヴロー 出演者/ダニエル・クレイグ,ハリソン・フォード 2011年)

フレディVSジェイソン(監督/ロニー・ユー 出演者/ロバート・イングランド,ケン・カージンガー 2003年)

エイリアン VS. プレデター(監督/ポール・W・S・アンダーソン 出演者/サナ・レイサン 2004年)

以下は選定理由です。

Showdown001.jpg 座頭市と用心棒

貴方ワクワク、制作陣心臓バクバクwww
日本映画史上に残ること間違いない二人の時代劇スター「座頭市」と「用心棒」
このタイトルだけで夢の様な映画

Showdown002.jpg 新座頭市・破れ!唐人剣

遂に異国の戦士と剣を交えることになったシリーズ22作目の異色作。
相手はあのブルース・リーと人気を二分したジミー・ウォングで、一部のカンフー・ファンには涙モノの作品!
市と片腕ドラゴンの戦いは超必見!

Showdown003.jpg 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

このブログでも書いている様に、まず私はゴジラよりもガメラ派です。(笑)
ガメラじゃなくてバルゴンが主役の昭和ガメラ・シリーズの傑作。

Showdown004.jpg 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス

シリーズ最高の悪役怪獣、いや大映特撮怪獣映画が生んだ最高の悪役スター・ギャオスとガメラの壮絶な戦いが繰り広げられる。
怪獣映画としてはかなりな良作。

Showdown005.jpg ガメラ2 レギオン襲来

レギオンは副題ですが、これは外せません。
怪獣映画の頂点を極めた作品。またパニック映画としても一級品。

Showdown006.jpg フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)

「サンダ対ガイラ」の前日譚です。
不死身の心臓を持つフランケンシュタイン。怪獣ではなくただの巨人であるため対決シーンはウルトラマンを彷彿とさせます。名作テレビ番組「ウルトラマン」は翌年の1966年からなので特撮ファンならば必見かと。

Showdown007.jpg クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

クレしんの映画は侮れません。ロボとーちゃんを通して、家族愛や父親のあり方を描いた名作。ロボとーちゃんと生身のとーちゃんの腕相撲対決!子供も大人も楽しめますが是非大人に観てほしい。

Showdown008.jpg カウボーイ & エイリアン

007とインディ・ジョーンズの共演。
うわっ!マジっすか!・・・せっかくこのコンビなのに勿体ないって感じ・・・

Showdown009.jpg フレディVSジェイソン

「エルム街の悪夢」、「13日の金曜日」シリーズの2大ホラー映画の雄フレディ・クルーガー、ジェイソン・ボーヒーズの対決!
まさに夢の競(狂or凶or叫or恐?)演!詳細は当ブログで

Showdown010.jpg エイリアン VS. プレデター

本映画の見所は、やはりエイリアンとプレデターの戦闘シーンなのです。その戦闘シーンは怖さよりもアクション重視で、エイリアンもプレデターもたっぷりな重量感で描かれており、その迫力を存分に楽しめます。詳細は当ブログで


今回の10作品の絞り込みは,まず10本の候補が上がるか?が心配でしたが、心配には及びませんでした。最終的には12~13本の中から選択でした。(^^)/
スポンサーサイト

戦争映画ベスト10参加

先週しろくろshowさんのブログへお邪魔して目に留まったのがこれ!

今年も「男の魂に火をつけろ!」さんの所での定例の企画物に参加することにしました。

今年の企画は
<戦争映画ベスト10>
でありました。
MILLAFANの大好物「戦争映画」と聞いたら参加しない訳にはいくまい。

なお※締め切りは12月10日の深夜24時までとのことです。

対象作品の基準は・・・
作中において「戦争」が描写されている映画を広く対象とします。直接の戦闘行為に従事する人が出てくるものだけでなく、戦時の国民生活を描いたものも対象となります。
洋画/邦画、実写/アニメ、劇映画/ドキュメンタリーなどの区別は問いません。
ただし、あくまで「映画」に限ります。テレビドラマ、テレビアニメ、ネット動画などは対象外となります。
「戦争映画」の定義をここで細かく決めることはしませんので、迷ったときには当ベストテンの大原則である「迷ったら入れる」を採用してください。
とのことです。

なのでベストテンと銘打ってはいるものの、あくまで私MILLAFANのベストな作品を並べているだけです。「この作品がどうしてベストなんだ?」とか言わないでくださいね。www

以下は順不同。

ブラックホーク・ダウン(監督/リドリー・スコット 出演者/ジョシュ・ハートネット 2001年)

ホテル・ルワンダ(監督/テリー・ジョージ 出演者/ドン・チードル 2004年)

地獄の黙示録 特別完全版(監督/フランシス・フォード・コッポラ 出演者/ロバート・デュヴァル 2001年)

フルメタル・ジャケット(監督/スタンリー・キューブリック 出演者/R・リー・アーメイ 1987年)

戦場にかける橋(監督/デヴィッド・リーン 出演者/早川雪洲 1957年)

戦略大作戦(監督/ブライアン・G・ハットン 出演者/クリント・イーストウッド 1970年)

大脱走(監督/ジョン・スタージェス 出演者/スティーブ・マックイーン 1963年)

ジャンヌ・ダルク(監督/リュック・ベッソン 出演者/ミラ・ジョボヴィッチ 1999年)

世界侵略:ロサンゼルス決戦(監督/ジョナサン・リーベスマン 出演者/ミシェル・ロドリゲス 2011年)

兵隊やくざ(監督/増村保造 出演者/勝新太郎 1965年)

以下は選定理由です。

war001.jpg ブラックホーク・ダウン

ソマリア内戦への大国介入失敗を描いたノンフィクション。

戦争映画と言いましょうか、その臨場感から「戦場映画」ですね。
全体的にはとてもドライなタッチで描かれていて、延々と続く銃撃戦・戦闘シーンがMILLAFANには非常に新鮮に感じて衝撃を覚えました。

war002.jpg ホテル・ルワンダ

ルワンダ虐殺事件を描いた社会派の人間ドラマ。なんて書くと難しく感じるかもしれませんが、とても面白いストーリーで、逞しく生きる主人公の姿と家族愛への賛美を描いた希望溢れる素晴らしい作品です。万人に超おススメ。

war003.jpg 地獄の黙示録 特別完全版

言わずもがなベトナム戦争映画の名作です。ビル・キルゴア中佐の狂気は色褪せません。
53分の未公開シーンを追加した特別完全版です。オリジナルよりは整理され解りやすくなって魅力的な作品に仕上がってます。
がおススメしません。益々長く、退屈で、疲労感も尋常じゃなくなってます。www

war004.jpg フルメタル・ジャケット

キューブリックによる戦争映画の傑作です。キューブリック作品の中では一番好きな映画です。
ハートマン軍曹(R・リー・アーメイ)の人間の尊厳を粉々に踏み潰す罵詈雑言の前半はもうパーフェクト!

war005.jpg 戦場にかける橋

言わずと知れた映画史に残る異色戦争映画。
忘れもしません。本作品リバイバル公開時、MILLAFANが自分のおこずかいで初めて鑑賞した映画です。

war006.jpg 戦略大作戦

戦争批判でも反戦映画でもない娯楽映画。
子供の頃、戦車大好きだったMILLAFANには記念碑的作品であります。
この作品が登場するまでは戦争映画に登場するドイツ軍戦車は、全て米軍戦車にドイツ軍の十字マークを描いただけの物でした。
ところが、この作品では本物そっくりのタイガー戦車(Ⅳ号戦車)が登場したのです。もちろん、旧ソ連製戦車を改造した物ですが。
MILLAFANは一瞬本物のタイガー戦車じゃん!と吃驚したけど、車輪をよく見ると互い違いになってない・・・偽物か~www
最近では「フューリー」が本物のタイガー戦車とM-4シャーマン戦車が登場してました。

war007.jpg 大脱走

ゴールデン洋画劇場にて前後編で放映されていたのを何回も観た名画です。
テレビでの予告のシーンは決まってマックイーンのバイクで走り回るシーンでした。だからか・・・MILLAFANはバイクに憧れ自動二輪の免許を取得。ライダー変身!www

war008.jpg ジャンヌ・ダルク

MILLAFANとしてはミラちゃんの戦争映画「ジャンヌ・ダルク」を外すわけにはいきません!

war009.jpg 世界侵略:ロサンゼルス決戦

MICHELLEFANとしてもミシェル姉さんの戦争映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」も絶対に外せません。

war010.jpg 兵隊やくざ

「座頭市」、「悪名」に並ぶ勝新の代表作。
戦争を皮肉った作品は数々あれど、MILLAFANはこの「兵隊やくざ」ほど痛快な作品には出会っていない。
大宮二等兵(勝新太郎)と有田上等兵(田村高廣)の息の合ったコンビが大変良い。
「大宮、軍隊じゃあ無理が通って道理がひっこむ」


今回の10作品の絞り込みは苦渋の選択でした。
ベスト10からは落選しましたが、他にも沢山の好きな作品があります。
以下に挙げておきます。

イングロリアスバスターズ

バルジ大作戦

パットン大戦車軍団

史上最大の作戦

プライベートライアン

プラトーン

ディア・ハンター

シン・レッド・ライン

タイガーランド

眼下の敵
等々

音楽映画ベスト10参加

しろくろshowさんのブログへお邪魔してたら
男の魂に火をつけろ! <音楽映画ベスト10>

なる記事を見つけました。
興味があったので伺ってまいりました。

でもって急遽この企画に参加することにしました。

なお※締め切りは12月12日の深夜24時までとのことです

MILLAFANの場合音楽映画ってゆーか、音楽ありきかな?
対象作品の基準は
・音楽をテーマとした映画、音楽家が主人公の映画、ミュージカル/オペラ、音楽家の伝記映画などを対象とします。
・洋画/邦画、実写/アニメ、劇映画/ドキュメンタリー/モキュメンタリーなどの区別は問いません。
・「サウンドトラックが名曲」や「主題歌が大ヒット」などの作品ではなく、音楽がストーリー上で重要な役割を果たしているものを選んでください。
ということですが、MILLAFAN的にはもう一つの基準飽きるほど聞いていても未だに良く聞く音楽映画(今でも通勤で聞いてます)で選定しました。

以下は順不同。

1.アメリカン・グラフィティ(監督/ジョージ・ルーカス 主演/リチャード・ドレイファス 1973年)
2.ジーザス・クライスト・スーパースター(監督/ノーマン・ジュイソン 主演/テッド・ニーリー 1973年)
3.ロッキー・ホラー・ショー(監督/ジム・シャーマン 主演/ティム・カリー 1975年)
4.地獄の黙示録(監督/フランシス・フォード・コッポラ 主演/マーロン・ブランド 1979年)
5.ピンク・フロイド ザ・ウォール(監督/アラン・パーカー 主演/ボブ・ゲルドフ 1982年)
6.デスペラード(監督/ロバート・ロドリゲス 主演/アントニオ・バンデラス 1995年)
7.8MILE(監督/カーティス・ハンソン 主演/エミネム 2002年)
8.キル・ビルVol.1(監督/クエンティン・タランティーノ 主演/ユマ・サーマン 2003年)
9.キック・アス(監督/マシュー・ヴォーン 主演/クロエ・グレース・モレッツ 2010年)
10.モールス(監督/マット・リーヴス 主演/クロエ・グレース・モレッツ 2010年)

ここからは選定理由です。

SoundTrack001.jpg アメリカン・グラフィティ

この映画でオールディーズに夢中になりました。私MILLAFANもリアルタイムでティーンエイジャーだったわけですよ。
ちなみにジョン(ポール・ル・マット)とキャロル(マッケンジー・フィリップス)のカップルが好きでした。(^^)v

SoundTrack002.jpg ジーザス・クライスト・スーパースター

ブロードウェイのオリジナル・キャストを揃えた作品。
全編にわたって語りの台詞は無く、音楽と歌曲のみで物語が進行するオペラの様なロックミュージカルで、人工的なセットは作らず砂漠の遺跡をそのまま使用されていた所に当時のMILLAFANは衝撃を受けました。

SoundTrack003.jpg ロッキー・ホラー・ショー

リチャード・オブライエン作のロック・ミュージカル。カルト・ムービーの代表格・パーティー形式の上映で有名な本作はメッチャ中毒性が有ります。あなたも中毒にな~る(^_^)
中でもタイム・ワープ "Time Warp"が大好きです。基本的にフランケンシュタイン物はMILLAFANの大好物なもので・・・

SoundTrack004.jpg 地獄の黙示録

何と言ってもワーグナーの「ワルキューレの騎行」をオープンリールで鳴らしながら、9機の武装ヘリがベトコンの拠点の村落を攻撃していくシーンが凄い!
そしてもう一つ忘れられないのが慰安に訪れたプレイメイトがヘリから降りて来るシーン。水上に設けられた幻想的なステージでセクシーなプレイガール達が"Suzie Q"に合わせてダンス・パフォーマンス!タマリマセン(^_^)

SoundTrack005.jpg ピンク・フロイド ザ・ウォール

ピンク・フロイド、ロジャー・ウォーターズ大好きなMILLAFAN至高のアルバム『ザ・ウォール』を、アルバムのストーリーそのままに映画化し、台詞は殆ど無く、アルバムの曲が流れ、映画は進行していく。
「音楽に語らせろ」というコンセプトで製作された作品でして、難解過ぎて決して人にお勧めできる作品じゃありませんが・・・むしろそれだから好きなんです。(^_^;)

SoundTrack006.jpg デスペラード

マリアッチ3部作の2作目で、ロバート・ロドリゲス監督作品に初めて出逢った衝撃的作品。映画冒頭(クレジット)のアントニオ・バンデラスとロス・ロボスのコラボ曲マリアッチの歌"CANCION DEL MARIACHI"は、 マリアッチがギターを弾きながら悪漢を倒すシーンで使われてますが、何度でも聞けます。ロバート・ロドリゲス監督自らバンドを持ってらっしゃるからか映画音楽は素晴らしいですね。レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラードとかマチェーテも本音楽映画ベスト10には上げませんでしたが決して引けを取らない出来です。

SoundTrack007.jpg 8MILE

言わずもがなエミネムの大ファンなMILLAFANがお勧めするのはエミネムのアルバム全てです。なので音楽映画と言えばこれ。
主題歌 ルーズ・ユアセルフ "Lose Yourself"は2002年度アカデミー歌曲賞を受賞した超絶カッコイイ曲です。

SoundTrack008.jpg キル・ビルVol.1

クエンティン・タランティーノ監督作品には描き下ろしの曲は使われませんが、選曲が秀逸ですね。
映画「修羅雪姫」主題歌『修羅の花』からナンシー・シナトラ"Bang Bang (My Baby Shot Me Down)"実に良いです。

SoundTrack009.jpg キック・アス

キック・アスについてはここを参照下さい。マシュー・ボーン監督も選曲の素晴らしさは誰にも負けません。このサントラ盤は万人にお勧めです。
ジョーン・ジェット"Bad Reputation"のカバーはほんとカッコイイ。
サントラ盤未収録ですがレッド・ミストとキック・アスが初めてドライブするシーンで車内でかかる"Crazy"はノリノリで最高のシーンです。

SoundTrack010.jpgSoundTrack011.jpg モールス

モールスについてもここを参照下さい。映画モールスのサントラ盤には挿入歌が未収録ですが、この挿入歌がMILLAFANにはめっちゃツボだったのです。
オーウェンとアビーがゲーセンで遊ぶシーンで流れるBGMカルチャー・クラブ"Do You Really Want To Hurt Me"
血まみれのアビーがシャワーで血を洗い流してる間にオーウェンがグレッグ・キーン・バンド"The Breakup Song"をかけるシーン。胸キュン。










profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR