タイタンの戦い (CLASH OF THE TITANS) [2010]

ClashOfTheTitans001.jpg

監督-ルイ・レテリエ 製作総指揮-リチャード・D・ザナック
出演-サム・ワーシントン , リーアム・ニーソン , レイフ・ファインズ , ジェマ・アータートン



 ゴールデンウィーク中に沢山の映画を観てとっても幸せなGEMMAFANです。(笑)
その中では何と言っても 007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOXと今回「タイタンの戦い」が目玉でした。007は「ドクター・ノオ」~「007 慰めの報酬」+ボーナスディスクの23枚組で大変豪華なものでした。
まだ全作品を観れてないのですが、ただ今「ユア・アイズ・オンリー」のキャロル・ブーケにメロメロです。全作品を制覇したらここのブログに書きたいと思います。
「タイタンの戦い」もブルーレイでDVD版のおまけまで付いてるものでした。これらが私にプレゼントされた訳ですよ~。(^^)v

さて今回は、古代ギリシア時代を描いた映画「タイタンの戦い」ですお~。何故に本作品を選んだかと言いますと、それは ジェマ・アータートンのファンになってしまったからです。ジェマ・アータートンは本作品で初めて出逢いました。とっても可愛い美人さんです。

内容は・・・
神の王ゼウス、海の王ポセイドン、冥界の王ハデス等の神々が君臨していた古代ギリシア時代。神々は人間を創り人間から崇拝され不老不死を保っていた。
がしかし、ついに人間達は傲慢な神々に反旗を翻した。
アクリシオス王は神に背いた罰としてゼウスが王妃を孕ませた。
その子が半神半人のペルセウス(サム・ワーシントン)だった。ペルセウスはアクリシオス王の怒りを買い殺されかけたが漁師に救われ漁師の子として育てられた。
成人したペルセウスはある日アルゴスの兵士達がゼウスの像を破壊しているのを目撃した。
ClashOfTheTitans002.jpg
そこへハデスが現れ、兵隊達を一掃し、ペルセウス一家の乗っている船をも沈没させた。
一家は全員命を落としペルセウスのみ助かった。
ClashOfTheTitans003.jpg
ペルセウスはアルゴスの兵士達に発見され、ケーペウス王とカシオペア王妃のもとに連れてこられた。
ClashOfTheTitans004.jpg
ゼウスは怒り心頭に発した。ハデスを解き放ちケーペウス王の前に現せた。
ClashOfTheTitans005.jpg
ペルセウスは剣を持ってハデスに刃向おうとした時、イオ(ジェマ・アータートン)が止めた。
ハデスは日蝕の日にクラーケンを解き放ちアルゴスを滅ぼすと伝えた。
クラーケンを止めるには唯一アンドロメダ王女を生贄に捧げるしかないと。
また、ペルセウスにお前は神ゼウスの子だと告げて去って行った。
ClashOfTheTitans006.jpg
ペルセウスは神の子だと分かって牢獄へいれられた。
イオが面会に現れた。ペルセウスに出生の秘密等一部始終を話した。
ClashOfTheTitans007.jpg
ペルセウスとその御一行はクラーケンを倒す方法を視つけるべく旅に出た。
ClashOfTheTitans008.jpg
摩訶不思議アドベンチャーの始まり。
掴もうぜ!ドラゴンボール!
世界でいっとースリルな秘密
探そうぜ!ドラゴンボール!
世界でいっとー愉快な奇蹟
この世はデッカイ宝島
そうさ!今こそアドベンチャー!
って違うか~
ClashOfTheTitans009.jpg
その頃、ハデスはゼウスに恨みを持っているアクリシオス王に力を与えペルセウスの刺客カリボスとして送り込んだ。
父子で殺し合う・・・
ClashOfTheTitans010.jpg
ドラコ隊長はペルセウスに剣を教えるが、神の子だからかとても筋が良い。
「恐れ入った」
ClashOfTheTitans011.jpg
ゼウスは親心か、ペルセウスに神の剣とペガサスを与えた。
ClashOfTheTitans012.jpg
ペガサスは人間では乗れないんです。神の馬って事
ClashOfTheTitans013.jpg
カリボスがペルセウス一行を襲った!
ClashOfTheTitans014.jpg
カリボスの手が切り落とされるとそれが巨大なサソリに変身!
ClashOfTheTitans015.jpg
イオも戦います!
めっちゃ原始的な武器でも一歩も下がらず怯まず戦い抜きます。とても好感が持てます。
ClashOfTheTitans016.jpg
あわやというところで、魔術師ジンの一軍に助けられた。
ClashOfTheTitans017.jpg
一難去ってまた一難。今度は先ほどのカリボスとの戦闘で腕を噛まれたペルセウスが苦しみだした。腕に毒が回ったのだった。
ClashOfTheTitans018.jpg
ドラコ隊長は直ぐに発つ
まだ弱っているペルセウスをかばうイオ
ClashOfTheTitans019.jpg
ジンは巨大サソリを操り馬車替わりにし先を急いだ。
ClashOfTheTitans020.jpg
魔女の住家へ到着。
ペルセウス、魔女には知りたいことだけ聞いて、それ以上はダメ
ClashOfTheTitans021.jpg
クラーケンを殺す手は?
一つだけある
メデューサじゃ
ClashOfTheTitans022.jpg
ペルセウス、お前は死ぬ!運命は変えられぬ!
ClashOfTheTitans023.jpg
メデューサを殺そう!
イオ:「道は知ってます」
イオは何でも知っている~
ClashOfTheTitans024.jpg
イオはペルセウスにメデューサを倒すべく指南した。可愛いのに強いのよ~イオ
ClashOfTheTitans025.jpg
ペルセウスが勢い余ってイオを押した。
イオは宥める。
Ease your storm
ClashOfTheTitans026.jpg
メデューサの宮殿に到着。
誰かが立ち上がらないと!今日がその日だ!!
メデューサの目は見るなよ!!
ClashOfTheTitans027.jpg
メデューサ登場!!!
ClashOfTheTitans028.jpg
メデューサを見ると石になっちゃいます。
ClashOfTheTitans029.jpg
仲間は次々に石になってしまいます。
ジンの長老とドラコ隊長は身を挺してペルセウスを助けます。
ついにメデューサの首を奪取!
ClashOfTheTitans030.jpg
イオがカリボスに刺された!
ClashOfTheTitans031.jpg
ペルセウス、神にはなるな
ClashOfTheTitans032.jpg
I can't leave you
あなたは神でも人間でもない・・・それを超えた存在

そしてイオは天に召されました。
ClashOfTheTitans033.jpg
もう日蝕は近い!
ペガサスに乗ってアルゴスへ
ClashOfTheTitans034.jpg
クラーケンを放て!!
ハデス登場!!
ClashOfTheTitans035.jpg
ペガサスってやっぱり馬ですね。ずっと飛んでればいいのに
ClashOfTheTitans036.jpg
巨大サソリもペルセウスの応援にやってきた
ClashOfTheTitans037.jpg
クラーケン登場!!
ClashOfTheTitans038.jpg
メデューサの首はクラーケンをも石に変えてしまいます。
ClashOfTheTitans039.jpg
お前には大きな借りが出来たな。
人間の世界で生き続けるのは辛かろう。伴侶がいる。
父よりの贈り物だ!!!
ClashOfTheTitans040.jpg
ワーイ!イオ!生き返った!
メデタシメデタシ
ClashOfTheTitans041.jpg
本作品は3D映画として公開されましたが、疑似3Dなのでイマイチ評価が低かった様です・・・
2Dで撮影されたものは2Dで鑑賞しましょう!(笑)
見所はジェマ・アータートンのみではありません!
最初はいがみ合っていたペルセウスとその御一行軍。
勇猛果敢な戦いの中で、徐々に友情へと変わっていきます。それぞれのキャラが立っていてとても良かったです。
摩訶不思議アドベンチャーを描いているものの、ちゃんと勇気と力と知恵の大切さをも教えてくれます。

ClashOfTheTitans042.jpg


スポンサーサイト

アバター (AVATAR) [2009]

Avatar-p1.jpg

監督-ジェームズ・キャメロン
脚本-ジェームズ・キャメロン
製作-ジェームズ・キャメロン, ジョン・ランドー, ジョシュ・マクラグレン
出演-サム・ワーシントン, シガニー・ウィーバー, ゾーイ・サルダナ, スティーヴン・ラング, ミシェル・ロドリゲス, ジョヴァンニ・リビシ

Avatar-p2.jpg

今回は、前回予告?していた通り「マチェーテ」に出演していたミシェル・ロドリゲスちゃん繋がりです。
で、MILLAFANならぬMICHELLEFANです。(笑)

「アバター」と言えば、世界中で大ヒットし、ジェームズ・キャメロン監督が構想14年・製作4年以上の歳月を費やして完成させた3D超大作です。なので何の説明も不要だと思います。

じゃ、何で取り上げたの?ってことですが・・・駆け出しのMICHELLEFANとして、まずは観なくてはならないミシェル出演の大ヒット作は「アバター」だと言う理由からです。

その他の理由としては、ジェームズ・キャメロン監督が好きだからです。
「ターミネーター」以来ずっと観てきましたが、本作「アバター」は今まで観る機会がなかったんですよね。

はじめに、ストーリーとしてはとてもストレートで直球勝負なんで、とても分かりやすいです。

ミシェルは主演じゃありません。がメッチャ良い役です。
なのでミシェル中心に・・・ってゆーかミシェルが出演してる所だけに焦点を合わせてお贈り致します。

トゥルーディ(ミシェル・ロドリゲス)がサリー(サム・ワーシントン)を案内してます。

avatar001.jpg

ミシェルってほんと軍服とか似合うよね~。

avatar002.jpg

トゥルーディの愛機SA-2 Samson(ヘリコプターの進化したもの)。
ただ100年以上後の未来の物語なんで、そんな旧式なやつ使ってるかな~?みたいな違和感がちょっとだけある。

アバターなサリーはナヴィの調査に行きますが・・・

avatar003.jpg

ミシェルってサングラスも似合ってカッコイイよね~

avatar004.jpg

アバターなサリーが行方不明になって探します・・・

avatar005.jpg

見つからず。
しかし、偶然にもナヴィのネイティリに助けられ・・・
アバターなサリーはナヴィと親密になり、ナヴィに溶け込んで行きます。

avatar006.jpg

ところが地球人は衛星パンドラでしか採れない希少鉱物をめぐって争いに発展させてしまいます。

しかし、人間はこんなに文明が発達した未来でも過去と同じ過ちを繰り返しているんですね。オワタッ!

サリーはナヴィのネイティリと恋に落ち、ナヴィを懸命になって助けようとしますが・・・

それが大佐の逆鱗に触れます。

avatar007.jpg

大佐はナヴィの住んでいる巨木を倒してしまう作戦に出た。

avatar008.jpg

大佐の部下として出陣するトゥルーディだが、「こんなのやってられない!」と大佐の命令には従わない事にした。

avatar009.jpg

サリーなアバターは大佐の進行を妨げているのがバレてしまい、監禁されてしまいます。

avatar010.jpg

ここからトゥルーディの大活躍です。
サリー達を救出すべく護衛に銃を突き付けて・・・

avatar011.jpg

ミシェルのタンクトップ姿、よく似合ってます!たまりませんね!

avatar012.jpg

銃とか持たせたら右に出る者はいませんです。

avatar013.jpg

いや、ほんとミシェルって様になってますよね~。

avatar014.jpg

だっちゅーのっ!(死語)じゃありませんから!

avatar015.jpg

愛機に乗り込んだトゥルーディ!

avatar016.jpg

上手くいったかの様に見えたが・・・大佐の執念の弾丸がグレイス博士に命中したのだった。

avatar017.jpg

ミシェルに見惚れてしまいますぅ。

avatar018.jpg

どう反撃するか?の作戦を練るのですが・・・

avatar019.jpg

弓矢対銃器なんて勝敗は見えてます。
が、サリーは土地の利を生かせば勝てる可能性があると・・・

avatar020.jpg

そんなサリーの為にトゥルーディは命を懸ける。

avatar021.jpg

戦化粧をして決戦に挑むトゥルーディ。

avatar022.jpg

大佐に一矢報いた!
大佐は「このクソ女め!」と本気で反撃に出る!
(ミシェルちゃんをクソ女呼ばわりしやがって!許せんっ!)

avatar023.jpg

トゥルーディは善戦するものの・・・

avatar024.jpg

「ごめんよ」とサリーに言い残し、敢え無い最期を遂げるいじらしいトゥルーディ。

avatar025.jpg

このシーンに涙を流してしまうMICHELLEFANでした。

今思い返しても、涙が溢れてきます。。。

avatar026.jpg

avatar027.jpg

結局、ハッピーエンドで終わります。

もう完全にジェームズ・キャメロン監督の手のひらでコロコロと転がされてしまいました。

MICHELLEFAN的には愛しいミシェルちゃんを見れただけで満足なんですが、パンドラの創造世界も十分に堪能しました。

特筆すべきは、ナヴィのキャラクターで、ほんと脱帽ものです。最初は何これ?って思って観てましたが、ネイティリなんて1時間もすると可愛く見えて来るし、色気さえも感じました。ジェームズ・キャメロン監督!あなたは凄い!!
profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR