THE 4TH KIND フォース・カインド (The Fourth Kind)

p-01.jpg

監督-オラトゥンデ・オスンサンミ
脚本-オラトゥンデ・オスンサンミ

フォース・カインドとは、第四種接近遭遇で宇宙人による拉致を指すようです。昔観た「未知との遭遇」を思い出します。ただし、本作は好意的な遭遇ではありません。
「宇宙人は神で人間を傷つけるためにやってきている」みたいな描き方です。

物語冒頭、ミラちゃんは女優ミラ・ジョヴォヴィッチ本人としての出演でナビゲーターをやってます。

001.jpg

また、ミラちゃんは再現映像の方のタイラー博士役もやっており、タイラー博士ご本人を別の俳優さんが扮してますので、ある意味ダブルキャストかな。ややこしいなー。。。本作の事件や出来事は(作品内では本当の記録映像だと紹介されてますが)すべて架空で所謂モキュメンタリーと呼ばれる表現手法のようです。

この映画の特徴は、モキュメンタリー・フィルムと再現映像を同時進行で並べて見せるところにあり、その結果真実味を出そうと試みている面白い手法を取ってます。これが成功しているかどうかは微妙なところで、見る人の判断で大きく変わるでしょう。
早い話、同じ映像を違う俳優で2回撮っているわけですが、こういった知識は全く無い状態で見れば楽しめるかと思います。

MILLAFANとしては、ミラちゃんはやっぱり如何撮っても美人だと再認識した映画です。ミラ映画恒例のヌードはございませんが・・・(笑)

オラトゥンデ・オスンサンミ監督は、初めて聞く監督ですが、黒人のインタビュアーが監督本人なんだろうか?
ググってみても、これといった作品は撮ってないようです。

舞台は、アラスカ州ノーム。心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、何者かに夫が殺害されたと思い込み、息子と娘を育てながら不眠症患者を診ていると、患者が共通して夜中(3時33分)にフクロウを見るということに興味を持った。

002.jpg

003.jpg

インテリチックなミラちゃんも良いなー。

004.jpg

不眠症の患者に催眠療法を施し、ビデオカメラで一部始終を撮る。

005.jpg

その本物の方の記録映像が2000年の物にしては、いくらなんでも古すぎるところに違和感を持ってしまった。これで少し興ざめして・・・患者と同様に催眠状態に陥ってしまったMILLAFANです。(笑)
時折、カシーンとかいう音にビックリして目を覚ましておりました。

運悪くタイラー博士が診ている患者が、一家殺害事件を起こしたりして、保安官に目を付けられる。

006.jpg

また、他の患者は催眠療法中に脊髄を折るとか・・・

007.jpg

008.jpg

タイラー博士の身にも災難が降りかかります。
娘の行方不明、息子との不仲・・・

009.jpg

夫殺害の謎を解こうと、タイラー博士自身も催眠療法を試みるが・・・

010.jpg

失敗に終わり、一連の事件の関与に疑いをかけていた保安官がやってきて、夫は自殺だったと証拠写真を見せた。

どの事件の謎も解けないまま、終幕する。。。

「さあ、あなたはどう思いますか?」と放り投げられても・・・モヤモヤというか霧がはれないままではねー。

p-02.jpg
スポンサーサイト

パーフェクト・ゲッタウェイ (A PERFECT GETAWAY)

pgw-1.jpg

監督-デヴィッド・トゥーヒー
脚本-デヴィッド・トゥーヒー

監督のデヴィッド・トゥーヒーは聞いたことがあるけど、よく考えたら脚本畑出身なんだよね。監督作品としては、初めて拝見することになり、「上手い脚本が期待できそうだ。」と意気込んで「パーフェクト・ゲッタウェイ」を観た。

この映画は、何の知識もなく挑むと、200%くらい楽しめます。予め知識を持って挑むと、その楽しさは10分の一くらいに減ってしまうので、決して知識を入れて見てはなりません。

じゃ、ここのブログは?

映画を見てから読んでください。

でも1回見たから、2回目は面白くなくなるってことじゃないのでご安心を!
2回目は視点を180°反転して見れるので、「一粒で二度おいしい」映画であります。

地上の楽園ハワイで結婚式を挙げ、そのままカウアイ島へハネムーン!新婚ホヤホヤのカップル、クリフ(スティーブ・ザーン)とシドニー(ミラ・ジョヴォビィッチ)の結婚式ビデオ映像がオープニングから流れる。

pgw001.jpg

ハワイの大自然がとても美しく素晴らしいのと、珍しくおバカで可愛いミラちゃんが楽しめます。
クリフとシドニーはトレッキングでハワイの大自然を楽しもうと目的地まで車で移動中、新婚カップル殺人の犯人がカウアイ島へ逃げ込んだとのニュースが流れる。

pgw002.jpg

ケイルとクレオのヒッチハイカー・カップルに出会うが、ちょっとヤバイ感じだったので、同乗するのを断った。
シドニー 「うまくあしらったわ。」

pgw003.jpg

崖が崩れ道が細くなっている。そこへニック(ティモシー・オリファント)が現れ、シドニーが足を滑らせ危うく落ちそうになったところを助けてもらった。

pgw004.jpg

絶景の滝をバックにニックの恋人ジーナ(キエレ・サンチェス)が筏の上で日光浴をしていた。

pgw006.jpg

お待ちかね。脱ぎたがりミラちゃん、本作でも魅せてくれます。

ここで、クリフだけが泳がずに新婚カップル殺人犯をググっていると、ヒッチハイカー・カップルに2度目の遭遇。
後を追ってきたのか?うーん、とても怪しい。

pgw007.jpg

クリフとシドニーはニックとジーナと意気投合し、ずっと同行することになる。
クリフはヒッチハイカー・カップルのリュックサックを見つけて中身を・・・怪しい。。。

pgw008.jpg

ニックは特殊部隊で極秘任務に就いていたようで嘘の様な話をし続ける。

アメリカのジェダイ。。。後頭部の傷跡を見せて「地雷の破片を食らった。ドイツに運ばれて頭蓋骨をチタニウムで埋めた。」とか。
「おかげでギリガンも持ち込める。」と携帯しているギリガンを見せる。危ない奴かも?

ほんとか?

ジーナ 「なかなか死なない人なの。」

これを聞いて・・・クリフのこの表情が。

pgw009.jpg

シドニーも・・・うーん、たぶん、ジーナの発言がラストの殺人の動機(死なないならやってやろうか!)なのだろう。。。

pgw010.jpg

序盤からずっと観る者を引き込む演出で目が離せない。

pgw011.jpg

ガールズ・トークの最中にも・・・

pgw012.jpg

ドサッ!!

ビックリしたなーもう。


ここまで3組のカップルで殺人犯探しに・・・果たして誰が・・・

ただ、この後すぐにヒッチハイカー・カップルが警察に捕まってしまうのが、少し惜しい気がするが。

クリフがニックをカヌーで沖に出ようと誘うところから、前半のクリフの表情が一転して変わっていきます。上手いです。

で、ここから物語りは急展開していく。

pgw013.jpg

ジーナがクリフとシドニーの結婚式ビデオを見ていると・・・

一気に180度視点が変わってのサスペンス・アクションになる。

ここら辺が実に上手いと感じた。

pgw014.jpg

pgw015.jpg

pgw016.jpg

デヴィッド・トゥーヒー監督の冒頭から最後まで中だるみなど無く観客を全く厭きさせない演出は見事です。舞台を美しいハワイの大自然とし、その大自然をトレッキング、女優陣のヌード等々。。。これを演じる俳優陣も演技力のある中堅俳優だけで固め完璧な仕上がりです。MILLAFANなんて知ってるのはミラちゃんのみですから・・・(^_^;)

ハワイの大自然とサスペンスのハラハラ・ドキドキを楽しみたい方にはお勧めな映画です。
そして1度見終わったら、2度目を見たくなる事間違いなしの映画です。

pgw-2.jpg

ノー・グッド・シングス (NO GOOD DEED)

ngt-1.jpg

監督-ボブ・ラフェルソン
脚本-スティーブ・バランシック

アメリカのハードボイルド作家ダシール・ハメット原作だそうですが、わたしは読書は趣味ではないのでそこらへんが疎く・・・原作有名なんでしょうかね?

 チェロを弾くのが趣味でヨーヨー・マを神と崇めているジャック(サミュエル・L・ジャクソン)は糖尿病を患いながらも窃盗課刑事という過酷な職業をしていた。ある日、隣人から家出娘の捜索を頼まれた。「失踪人課へ行ってくれ」と断ろうとしたが、断りきれず捜索する羽目になった。
ターク通りで家出娘の聞き込みをしていると、にわか雨に降られ、慌てて車に戻った。車内でインシュリンを打とうと探すが空っぽであった。
ついてない・・・これが不運の始まりか?

買い物袋を抱えながら玄関先の階段を登っている老婆が、雨の中慌てていたため足を踏み外して転んでしまった。丁度車内でそれを目撃したジャックは、車から飛び出して老婆を助けに行った。(ここで家出娘の捜索用写真を落としてしまう。)人の良さそうな老婆は親切にしてもらったお礼にジャックをお茶に誘った。お茶を飲みながら自分の職業と捜索の話を話すと、突然、拳銃を突きつけられ・・・

「Who are you ?」

拳銃で頭を殴られ意識を失ったジャック。
実はこの家は、銀行から1000万ドルを強盗しようとしていた一味の隠れ家だったのである。

あの人の良さそうな老婆が盗賊一味の仲間だったとは大変意外だった。正直、このあたりのシーンまで何が起こっているのかが、さっぱり分からない状態だったMILLAFANです。
だって、お目当てのミラちゃんがなかなか登場しないんだもん。(笑)

ジャックを殴ったのは、少し足りないフープ(ダグ・ハッチソン)で、てっきり自分を捕まえに来た刑事だと思い込んでいた。

再び意識を取り戻したジャックは、体を椅子に縛られ、目の前には先ほどの老夫婦とフープが座っていた。

「Who are you ?」

何と、物語開始早々10分も立たない内に主人公ジャックは手足を縛られ身動きの取れない状態になり、登場人物の側面を描きつつ、そのままの状態でずっと進行していくのだった。
うーん、渋い。渋過ぎる。

ここで主犯のタイロン(ステラン・スカルスゲールド)とお待ちかねミラちゃん扮するエリンが登場。

ngt001.jpg

輝く金髪とスリムな肢体。フープでなくとも、誰だって興奮すること間違いなしの妖艶な美女。魔性の女を見事に演じているミラちゃんです。

ngt002.jpg

エリンはタイロンの女となっている様で、エリンがタイロンの気に入らない態度を取れば、エリンの手にバラを思いっきり握らせ、バラの棘で痛がるエリンを見てニヤつくタイロン。嫌な奴です。

ngt003.jpg

そんなタイロンから離れたいのに離れられない・・・

ngt004.jpg

フープはエリンにめっちゃ気がある。。。

ジャックの登場で計画変更。1日前倒し。
綿密に立てられていた計画の様だが、ジャックの登場で行き当たりばったりになって行く。

ついに計画実行の時が来た。
計画変更でエリンはジャックの見張り役に変更された。

エリンに解放を訴えるジャックだが、それは無理と・・・

エリン 「これはタイロンの見せしめなの。」

足の指を切り落とされているのをジャックに見せる。
ビビッたジャック。

エリン 「ペデュキアが節約出来ていいの。」

インシュリンが切れて、気分が悪そうなジャック。
エリンに家出娘の写真を探してと頼み込む。
その写真さえあれば証明出来て、安心感で気分も良くなるだろうと。
渋々写真を探しに行くエリン。
しかし、写真は見つからず、部屋に戻ってみると、気を失っているジャックにビックリして駆け寄っった。糖尿病患者である事を示すペンダント(糖尿病患者が低血糖発作時のために携帯しているペンダント)を発見し、瞬時に発作を起こして昏睡状態に陥ってると判断した。
ジャックの身分証を探し、ジャックの家にインシュリンを取りに行く。
ジャックの家内で大きなチェロのカバンを見て旅行に出かけるところだったんだと悟るエリン。インシュリンも探し当て、ついでにチェロも持ち帰った。

エリンの看護の甲斐あって、一命を取り留めたジャック。
「何故助けた?糖尿病で昏睡に陥り死亡。完璧だ。死体は捨てればいい。」
「借りが出来た。」

ngt005.jpg

ロシア本国でピアニストだった腕前をジャックに披露するエリン。

ジャック 「今のは空耳かな?」

エリン 「ソ連崩壊まで特待生だったの。」

「タイロンに才能あると言われ・・・ピアノと思ったら・・・」

ジャック 「銀行を襲うんだろ。どうやる。」

エリン 「何も知らないの?」

エリンはチェロと合奏しようと誘う。

合奏を終え・・・

ngt006.jpg

ジャックの弾くチェロに恍惚となる。

ngt007.jpg

頼みがあるの・・・チェロの演奏を教えて・・・

ngt008.jpg

断るジャックだが、先ほどの借りもあり、渋々承諾した。

ngt009.jpg

とてもセクシーでエロティック。本作中最高の見せ場か!

ngt010.jpg

ミラちゃんは演技でエロさを醸し出す。この美しいシーンは溜息ものです。

これで借りは無しだ。

ngt011.jpg

「あなたなら、救ってくれるかも。」

ngt012.jpg

「1000万ドルは私たちのもの。」
魔性の女は誘います。これもエリンが生きていくための術なんでしょう。

ジャック 「刑事には無縁の大金だよ。」

まんまと銀行に振込みをさせたタイロンから電話がかかってきて、フープが迎えに来ると。

エリンがシャワーを浴びている間に、ジャックは足のロープをキッチンのガスコンロで焼き切った。次に椅子を壊していると、その音で気がついたエリンがバスルームから出ます。
ここで、今回も脱ぎたがりミラちゃん全開でポロリッと出ます。

ジャックが拳銃を手にすると、そこへフープがやって来て、ジャックあっさりと2度目の気絶。


まだまだ色々とありますが、ここから少し端折って。
強盗一味が次々と死んでいく。

結局、ジャック、タイロン、エリンの3人で国境へ向かうことになる。

高速の渋滞も何のその、赤色ライトで突破!

ngt013.jpg

ハイウェイパトロールでさえ、刑事の身分証明で問題無くスルー。

エリンはタイロンに見つからない様にジャックに拳銃を渡す。

国境の検問。

停車中、ジャックは、その拳銃をタイロンに向けるが・・・

ngt014.jpg

タイロンとも離れられた。

ngt015.jpg

ジャック 「欲しい物があると、君は人をその気にさせる。」

エリン 「いや、違うわ。」

ジャック 「いや、そうさ。君が気づかないだけ。」

Only you don't know it.

エリン 「見逃してジャック・・・」

ngt016.jpg

サミュエル・L・ジャクソンとミラちゃんという異色の組み合わせに、正直少したじろいだMILLAFANですが、脇役のステラン・スカルスゲールド、ダグ・ハッチソン等も地味ながら大変良く、とても楽しめた作品でした。
また、この作品でのミラちゃんは、とても素直に感情表現が出来ていて、エリンという魔性の女を上手く演じ切ったと感じました。

ngt-2.jpg

ポイント45 (.45)

point45-2.jpg

監督-ゲイリー・レノン
脚本-ゲイリー・レノン

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のこの作品は、冒頭からインタビュー形式で主人公キャットに観客がインタビューしているところから始まります。最初から最後までこの形式で貫かれていて、これが本作品の特徴であり、また飽きさせない演出になっています。たぶん、これが無かったら印象が変わり最後まで付き合ってられないかと思います。(^_^;)

45001.jpg

一応「ポイント45」は、エロティック・サスペンス・ドラマと謳ってますが、期待に反する内容に仕上がっていると思います。
確かにエロティックと言われる部分は、脱ぎたがりミラちゃん全開で裸体を魅せてくれます。がしかし、ミラ・ファンならともかく、いや自称MILLAFANな私もそれほどエロティックには感じませんでした。もちろん、ファンとしては嬉しいですよ。(^^)
そしてサスペンスも後半サスペンスな展開ではあるもののサスペンスを楽しむほどにはなってないと感じました。
ただ、女優ミラ・ジョヴォヴィッチとしては性格俳優へ挑戦し、共存する愛と憎しみを激しく表現した大熱演で、それなりに見所はあります。
要するに本作品も間違いなくミラちゃんを観る映画です。

いつも思うのですが、ミラちゃんはどんな映画でも全力投球してるな~と。
そして、それがファンを引き付けているんでしょうね。

さて、題名のポイント45(フィフティー・フォー)とは、キャット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の愛するアル(アンガス・マクファーデン)の所有する唯一登録までされている45口径の拳銃のことです。これが後に復讐の鍵として使われることになるわけですが。。。

キャットのインタビュー後、キャットには実に不釣合いな情夫ビッグ・アルを見て「何でこんなんと?」
大物のようで実は小物だったりするので、これで良いのかもしれませんが・・・納得いきませんでした。

45002.jpg

拳銃密売と盗品を売りさばいて、その日暮らしなチンピラ稼業から抜け出して、いつかは海辺で暮らしたいという夢を持っていたキャット。しかし、思うようにチャンスは巡ってこない

45003.jpg

キャットはキャットなりに考え、アルには内緒で拳銃密売の間口を広げようと自ら拳銃密売を行っていた。

45004.jpg

バイな友人ヴィックを通して、やってはいけない(アルが大嫌いな)プエルトリコ人への拳銃密売に手を出してしまう。

45005.jpg

「ライリー(スティーブン・ドーフ)がいる。」

45006.jpg

45007.jpg

プエルトリコ人に拳銃密売したのがアルにバレてしまい、逆上するアル。

45008.jpg

物に当たりちらし、キャットに暴力を振るい、髪を切ってしまう。ミラちゃん凄いです。

45009.jpg

「アルを愛してるの。」

ヴィックやライリーが心配して、キャットを慰めに来る。

そこへアルがやって来て、ライリーと取っ組み合い、拳銃が暴発してキャットに弾丸が掠めた。

銃声で警察が出動。警察で事情徴収。

45010.jpg

この暴力事件をソーシャルワーカーのリズが担当した。ミラちゃん熱演です。

リズも過去にキャットと同様な夫による虐待経験をしていた。

45011.jpg

アルへの思いに耽ると・・・憎しみが

45012.jpg

リズに家を出る相談を持ちかける。

が、アルが帰ってきて、元の鞘に納まってしまう。

アルの45口径を見つめ、ついにアルへの女の武器を駆使した復讐が始まる。

45013.jpg

45014.jpg

45015.jpg

45016.jpg

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる。」方式で

45017.jpg

そして「アルから離れる計画」実行の時が来た。

果たして誰が共謀したのか?
とサスペンスな筈が・・・唯一インタビューに答えていないのが共謀犯です。

アルは、まんまとキャットの計画にハマり、逮捕されてしまう。

45018.jpg

共謀犯にご褒美を。

45019.jpg

髪が短くなって、生まれ変われた・・・

45020.jpg

アルへの復讐を果たします。

45021.jpg

相変わらず45口径を密売して・・・

point45-1.jpg
profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR