フレディ VS. ジェイソン (FREDDY VS. JASON) [2003]

fvj-p.jpg

監督-ロニー・ユー
脚本-マーク・スウィフト/ダミアン・シャノン
主演-ロバート・イングランド/ケン・カージンガー

VS物繋がりでホラー・スプラッターの「フレディVS.ジェイソン」を見ました。
なんせスプラッターですから納涼には持って来いのDVDです。
それもただのスプラッターではありません。「エルム街の悪夢」、「13日の金曜日」シリーズの2大ホラー映画の雄フレディ・クルーガー、ジェイソン・ボーヒーズが対決するんです。
まさに夢の競(狂or凶or叫or恐?)演!!!

フレディーの1作目「エルム街の悪夢」もジェイソンの1作目「13日の金曜日」もまたまたリアルタイムで観てました。(本映画を見るにあたって、それぞれの前作群を見て予習しておいた方が良いと思います。)
両作品ともホラー映画全盛な80年代のものです。

夢の世界最強の殺人鬼と現実の世界最強の殺人鬼をどのように対決させるのか?ワクワクしながら見ましたよ。

内容は・・・ハッキリ言ってスプラッターに中身なんてものは御座いません。(笑) と言っては始まらないので一応掻い摘んで書きます。

エルム街のフレディ悪夢の惨劇から4年が過ぎていた。エルム街の若者達はフレディの事など完全に忘れ去っていた。というよりも大人達が細心の注意を払いフレディを消し去っていた。恐怖心がパワーの源となるフレディにとっては屈辱的なことで、フレディ消滅の危機にさらされていた。
フレディはこの状況を何とか打破せねばと考え、殺人鬼ジェイソンの夢の中に入り込み、エルム街の人々に再び恐怖を味あわせるために、ジェイソンを現世に蘇らせた。初めのうち、ジェイソンはフレディの思惑通りに動き、街の人々を恐怖に陥れていった。しかし、ジェイソンは無軌道な殺戮が止まらなくなり、フレディの獲物にまで手を出してしまい、フレディの怒りを買い邪魔になったいった。かくしてフレディとジェイソンの殴る蹴るのどつき合い(いや、実際はもっと壮絶な表現出来ないくらいの戦い)が始まった。

フレディがジェイソンの夢の中に入り込むというぶっ飛んだアイデアが、この映画の脚本を成功させたと言っても過言じゃないです。(よく考えるとジェイソンも人間並みに夢を見るというのが笑えるけど・・・ほんと冒頭で女の子を殺してる夢を見ているんですよね。あと後半、夢の中でフレディと戦うんです。)
そしてロニー・ユー監督の演出がとても上手く、これでもかと言う位に見せ場のオンパレード!見る者を飽きさせません。
また、ホラー映画で大切な要素となるヒロインが魅力的かどうか?(やっぱり、可愛くないとね。)と言う点で、本作のヒロインのローリ役モニカ・キーナが良いです。とってもグラマーなボディに可愛いお顔立ち。

フレディがお茶目になっているので、怖さの部分はマイナスですが、それを補って余りある娯楽作品になってます。
fvj001.jpg
セックスするやつが死ぬ①!おいおい!ベッドごと逆エビかい!!
fvj002.jpg
フレディの獲物をジェイソンに獲られてしまいました。
fvj003.jpg
セックスするやつが死ぬ②!凄い馬鹿力だ①!!
fvj004.jpg
凄い馬鹿力だ②!首がぐるっと回って殺された。
fvj005.jpg
炎に包まれた鉈で突き刺す!
fvj006.jpg
燃えても死なない。ってか、痛くも痒くもないのかな?
fvj007.jpg
ヒロイン・ローリ危うし!
fvj008.jpg
奇妙な生き物です。
fvj009.jpg
上の奇妙な生き物が人間の口から入り込み、フレディが人間を操る。そして強力な麻酔薬をジェイソンに注射した。
fvj010.jpg
麻酔薬を打たれても相手を真っ二つ!血しぶき飛びまくり!
fvj011.jpg
さすがのジェイソンも、上の直後に夢の中。フレディ有利な第一回戦!
fvj012.jpg
フレディにやられまくりなジェイソン。
fvj013.jpg
ついに倒れたか?
fvj014.jpg
赤-->緑とロニー・ユー監督の演出は細かい所まで手を抜きません。
fvj015.jpg
ローリがフレディを現実の世界へ連れ出し、ジェイソン有利な2回戦!のはずだが、ガスボンベ魚雷で吹っ飛ばされるジェイソン。
フレディもジェイソンも殺人鬼なのに、いつの間にかジェイソンに肩入れしている自分がいる。(苦笑)
fvj016.jpg
突き刺さった鉄棒から血しぶきが!ガンバレー!ジェイソン!!
fvj017.jpg
もう取っ組み合いの喧嘩ですが、目を突き刺されるジェイソン。負けるなー!
fvj019.jpg
ジェイソンの怪力で腕を引き千切られるフレディ。
fvj020.jpg
fvj021.jpg
己の腕を突き刺されるフレディ!
fvj022.jpg
ローリが母親の仇を討つ!
fvj023.jpg
フレディの首をはねて、血しぶきドバッ!
エンディングでフレディの生首をぶら下げながらジェイソンがクリスタルレイクから上がってきて、フレディの生首がウィンクする。
そうです。一見決着が付いた様に見えますが、このフレディとジェイソンは絶対に死なないのです。
第2ラウンドがあるんだろうなー。。。
スポンサーサイト

エイリアン VS. プレデター (ALIEN VS. PREDATOR) [2004]

avp-p.jpg

監督-ポール・W・S・アンダーソン
脚本-ポール・W・S・アンダーソン
主演-サナ・レイサン

ここ最近とても暑い日が続いているので納涼ジャンルなSFホラーをチョイスしてみた。
一応ミラちゃん繋がりで、ミラちゃんの旦那様/バイオハザード・シリーズ監督ポール・W・S・アンダーソンが撮った「AVP」こと「エイリアン VS. プレデター」。
MILLAFANは基本的にSF物は好きです。また、怖がりのくせにホラー物も見ます。
なのでSFホラーなるジャンルは大好物だったりします。

エイリアンの1作目「エイリアン」もプレデターの1作目「プレデター」も映画館でリアルタイムに観ました。
「エイリアン」を観た時なんて、お腹から飛び出るシーンは椅子から転げ落ちたくらい吃驚したのを今でも思い出しますね。エイリアンの形とかビショップが妙に怖くて・・・ホラー色濃厚な映画でした。
続編「エイリアン2」は、ジェームス・キャメロン渾身の傑作で公開当時のキャッチコピー"This time it's war."(今度は戦争だ!)が示す様にアクション全開フルスロットルな大作でした。

「プレデター」は、公開当時まだそれほど知られてなかったシュワルツェネッガー主演で、プレデターと壮絶な死闘を繰り広げるSFアクション。また緊張感たっぷりでホラー色もあり、期待せずに見たら思わぬ拾い物をして夢中になったものでした。

これらの主人公モンスターが激突するんだから、きっと面白いに違いない!と意気込んで見たわけです。

内容は、プレデターが成人の儀式のためにエイリアンを地球で繁殖させては全滅させる。(三体でチームを組ませて繁殖したエイリアンを狩らせる。)こんな儀式が古代文明の頃から(100年毎に?)繰り返し行われていた。プレデターはエイリアンが手におえなくなると古代文明諸共爆破してきたのである。場所は南極大陸の地下ピラミッド、前回から100年経った2004年、その儀式は始まった。そんな事とは露知らず。人間達は南極大陸に謎のエネルギーを感知し、ウェイランド社の社長ウェイランド(ランス・ヘンリクセン)は民間のスペシャリストを召集し、調査にあたった。彼らがそこで見たものは・・・

エイリアン、プレデター、人間の絡みがとても上手く出来たストーリー(アイデア)です。

ただ、登場人物の描き方はさらりとしており、ほとんど感情移入はできないのが惜しい。けど、考えようによっては、これが当たり前なのかもしれない。何故なら、登場人物のほとんどはエイリアンの餌になるだけなのだから。(笑)

本映画の見所は、やはりエイリアンとプレデターの戦闘シーンなのです。その戦闘シーンは怖さよりもアクション重視で、エイリアンもプレデターもたっぷりな重量感で描かれており、その迫力を存分に楽しめました。
avp-01.jpg
プレデターがエイリアンをジャイアントスイングで豪快に投げ飛ばす!
avp-03.jpg
古代人はプレデターを神として崇めていたようです。
avp-04.jpg
プレデターはピラミッドでエイリアンと戦うが、エイリアンに負けてしまうと・・・自爆します。
avp-05.jpg
こんなんが飛び掛ってきたら、怖いよねー!
avp-06.jpg
エイリアン・クィーンの登場だ!
avp-08.jpg
鎖に繋がれているが、酸性血液で溶かして脱獄するエイリアン・クィーン。
avp-09.jpg
調査隊で唯一生き残ったレックス(サナ・レイサン)はエイリアンを倒したことでプレデターに戦士と認められ意思疎通し、行動を共にする。
(プレデターはレックスの倒したエイリアンの死体を槍と盾に加工し、レックスに与えた。)
avp-10.jpg
プレデターはエイリアンの大量発生を見て地下ピラミッド諸共爆破した。
その爆破の避難時のレックスの勇気を称え顔に傷を付ける。プレデターの慣習らしい。
avp-12.jpg
この手裏剣のような武器は相手を傷付けブーメランの様に戻ってきます。
avp-13.jpg
どこかで見たようなシーンですねー。
avp-14.jpg
プレデターは驚異的な身体能力の持ち主なのです。
avp-15.jpg
何と人間のレックスと共同作業をしているプレデター。
avp-16.jpg
プレデターの母船です。デカイ!
avp-17.jpg
エイリアン・クィーンを倒してプレデターの最後を看取ったレックスを称え、武器を与える長老のプレデター。

ズーランダー (ZOOLANDER)

zoolander-p.jpg

監督-ベン・スティラー
脚本-ベン・スティラー
主演-ベン・スティラー

3%の体脂肪率。1%の知能。と謳い文句が書かれてますが・・・
何の情報もなく、DVDを見るにいたりました。このポスターを見る限りは、どうやらコメディーっぽいかなーと思ってましたけど。
蓋を開けてみたら、思いっきりコメディーでした。
MILLAFAN的には、コメディー自体あまり好んでは見ません。この「ズーランダー」もミラちゃんが出てなければ、まず見ることはなかったでしょう。

と書いてみたものの、見終わってみると、意外と見れて最後まで笑いが詰まってました。いやー面白かったです。
コメディアンなベン・スティラー自体ほとんど知らない状態でしたので、一応調べたら芸能家族の血を引いた才人の様ですね。
この「ズーランダー」もスティラー・ファミリーな映画となってます。
そして、D・ボウイをはじめセレブな方々が40人ほど本人役で出演しているので、それらを目当てに見るのも良いと思います。
また、バックに流れる曲も80年代のヒットパレードとなっていて、リラックス!とか流れると、もう体が自然に動いてしまいます。MILLAFANは80年代大好き人間です。

さて、本題にかかりますが、最初に書いたようにコメディーに疎く見ないようにしていたので、「なーんだコメディーかー」等と馬鹿にした感じで見ていたら、これが結構面白くて・・・ あまりにお馬鹿過ぎて笑わされてしまいました。
それも「これでもか!」ってゆーくらいに映画全体にお馬鹿が散りばめられていたので、最後まで笑いが持続して楽しめました。(コメディーってなかなか最後まで笑いのパワーが持続しないんですよね。)

で、内容は?と言うと・・・こんなお馬鹿コメディー映画に内容など全く不要です。要するに笑えれば良いのです。笑って下さい。

ミラちゃん扮するは、ある組織にマレーシア首相の暗殺を命じられたムガトゥ(ウィル・ファレル)の女秘書役です。
zl001.jpg
ミラちゃん!怪演してます!
オカッパ頭で東洋的な雰囲気を醸し出し・・・
zl002.jpg
ミラちゃん、主演ではありませんが、インパクトは大きいです。

zl003.jpg

一応ファッション業界の話なので、ミラちゃんのコスプレが楽しめます!!
zl004.jpg
ミラちゃんは、やっぱモデルだわ!似合ってるよねー。

zl005.jpg

今回ミラちゃんの脱ぐシーンは御座いません!でもコスプレで十分楽しめます!

zl006.jpg
zl007.jpg
zl008.jpg
デビッド・ボウイが!ボウイ登場で観る者皆釘付け間違いなし!
zl009.jpg
zl010.jpg
バイオハザードよろしく、銃撃戦も有ります。
zl011.jpg
ミラちゃん、様になってるね!
zl012.jpg
zl013.jpg
zl014.jpg
ヨーヨーって!スケ番刑事か!
zl015.jpg
zl016.jpg
ドヤ顔ではありません。キメ顔ですのよ。オホホのホ!
zl017.jpg
もうひとつのエンディングから、ミラでーす。
zl018.jpg
profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR