世界侵略:ロサンゼルス決戦 (WORLD INVASION: BATTLE LA) [2011]

BLA-traffic.jpg

監督-ジョナサン・リーベスマン
出演-アーロン・エッカート, ミシェル・ロドリゲス, ブリジット・モイナハン

BLA-copter.jpg

今回も前回に引き続きMILLAFANならぬMICHELLEFANです。(笑)
本作はミシェル・ロドリゲスちゃん繋がりな2011年公開の「世界侵略:ロサンゼルス決戦」です。
比較的新しいと言いましょうか、今のハリウッドを象徴している映画ですね。

ミシェル・ロドリゲスちゃん出演最新の映画はどんなんかな?

今年公開予定な「Resident Evil: Retribution」の前にミシェル作品制覇を目論んでます。

まず気になるのは邦題の「世界侵略:ロサンゼルス決戦」ですが・・・センスの欠片もない。。。
原題の「Battle: Los Angeles」をそのまま引用して「バトル・ロサンゼルス」で良いと思う。
こんなこと気にする人はそんなにいないかも知れませんが。

本作は、いきなり大パニックな状況から始まります。宇宙からやってきた侵略者達が世界12か所を同時侵略な場面なんです。ワワワッ・・・と思ってると24時間前に遡り、事の始まりの謎の流星群落下・・・米軍出動!ナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)を中心に物語は進行し、マルティネス少尉率いる小隊はロス警察署に取り残された民間人を救出しに敵陣最前線に向かいます。米空軍によるロス空爆までの3時間の間に任務遂行しなければ・・・

本作品の内容は、地球にやってきた侵略者との戦いを延々と描いたものです。
それもかなりリアルに。「ブラックホークダウン」とか「プライベートライアン」を思い起こさせます。
基本的に、こういう映画は好きなんで、とても楽しめました。

お約束ですが、ミシェル中心に・・・ってゆーかミシェルが出演してる所だけに焦点を合わせてお贈り致します。

例によってなかなかミシェルが出てきませんね~。
ミシェルまだ~~~
等と呟いてると・・・映画開始から37分ほど経った時、ついにミシェル登場!!
b-la001.jpg
ミリタリールックさせたらミシェルの右に出る者はいません。
b-la002.jpg
サントス工科ニ曹(ミシェル・ロドリゲス)は空軍の特殊部隊の生き残りの様です。
マルティネス少尉の隊に合流です。
b-la003.jpg
ロス警察署に到着し、民間人を救出したかに見えたが・・・
b-la004.jpg
救出に来たヘリが敵機に撃ち落された。
既に制空権までもが侵略者に握られたのか?
ここで少し絶望感が・・・
b-la005.jpg
しかし、空軍による空爆の時間(あと1時間後)が迫っている。
何とかしてここを脱出せねば・・・
するとまだ使えそうなバスを発見!
マルティネス少尉はバスで引き上げる決断をした。

ナンツは敵の死にぞこないを捕まえて急所を探す。
がしかし、もうそこまで敵がやってきている。
急げ急げ!
やっと急所を発見した!
b-la006.jpg
バスで無事逃げ出したが、敵の戦闘機と遭遇!
危機一髪!

ナンツは戦闘機が無線の電波を狙い、攻撃してくると悟ると、トランシーバー片手に敵の戦闘機をガススタンドへ誘導し、手榴弾で木端微塵にした!ヤッター!!全員、歓喜した!ジョン・ウェインだ!
若い方はジョン・ウェインって誰?って感じかもしれませんね。

サントスは敵の戦闘機が無人機だったというのを聞き、ナンツに自分の任務を話した。
敵の司令部を探査し、位置を知らせミサイルを撃つ攻撃プランであった。
でも探査中に見失ったのだった。
b-la007.jpg
バスは高速道路を順調に走行しているかのようであったが・・・道路が崩れ落ちて無くなっていた。
そこは銃撃戦の真っ只中だった。
高速道路を下りて脱出する他は手立てがなさそうだ!
b-la008.jpg
敵は1ダース以上、応戦が精いっぱいな状況となった。
さらに自由に歩行する訳のわからん武器までも持ち出してきた。

b-la009.jpg

ヤバイ!気付かれた!サントスは足が言うことをきかなくなった。
間一髪のところをスタブローに助けられたが・・・
b-la010.jpg
スタブローがサントスの身代わりに・・・

マルティネス少尉は負傷し、皆を助けるためにバスごと自爆の道を選んだ。
何とか危機を逃れ、空爆域を脱した。
b-la011.jpg
空爆の始まる時間だ!
身構えろ!・・・・・空爆の音すらしないのだった。
一体何が起こっているのか?
b-la012.jpg
一行は仕方ないので、前線基地があるサンタモニカ空港に向かった。

サンタモニカ空港に到着すると、空軍基地が・・・壊滅か?
b-la013.jpg
こりゃ空爆が無いわけだ。

壊滅した前線基地で弾薬・装甲車を調達。
b-la014.jpg
敵陣を突破する!
敵を轢き殺し、訳のわからん液体をかぶったサントス。サイテイ!

ポイントCに無事到着。
救出ヘリが迎えに来た。
さあ!ヘリに乗り込め!
b-la015.jpg
ヘリが急に制御を失った。ナンツはこの強力な電磁波は敵の司令部に違いないと察した。

ナンツはサントスに「君が電波を見失ったのは強い障害電波が原因?」と聞いた。

サントス:「そうだった。」

ナンツ:「あそこが司令部だ。」
b-la016.jpg
ナンツはヘリ操縦士に「ここで降ろしてくれ!」

すると、部下達は後を追ってヘリを降りたのだった。
ここは泣けますね~~。

遂に、敵の司令部を発見!!
b-la017.jpg
レーザーを照射して、地対地ミサイルで敵司令部を爆破する戦略に出た。
b-la018.jpg
無線連絡でミサイル要請をした直後、敵機に見つかったカーンズは吹き飛ばされた。
b-la019.jpg

b-la020.jpg

ミサイルのレーザー照射を援護するサントス。
b-la021.jpg
ミサイルは司令塔に命中した。
b-la022.jpg
敵の司令部はたまらず、その姿を現したのだった。
敵も反撃に出た。
b-la023.jpg
もはや、竹槍状態での死闘
b-la024.jpg
おっと!サントス思いっきりぶん殴られた。
b-la025.jpg
右胸に銃弾をぶち込み、キメの捨て台詞「son of a bitch !!」

2発目のミサイルが来るも無人機で防御された。
b-la026.jpg
b-la027.jpg
b-la028.jpg
あの無人機を落とせ!
b-la029.jpg
ファイヤー!!
b-la030.jpg
やったぜ!命中!!
b-la031.jpg
レーザー照射で3発目のミサイルは見事に中心部に命中!
b-la032.jpg
崩れ落ちる敵司令部。
b-la033.jpg
イヤーッ!We did It !!

b-la034.jpg

私達って、最高!

ナンツ一行はヘリで臨時基地に向かい、大歓迎を受ける。
シャワーも食べ物もあるから、十分休んでくれ。と言われたが・・・

b-la035.jpg

マガジンに弾丸をこめるナンツを見て・・・皆続いたのだった。
b-la036.jpg
「何してる?食事は?」

ナンツ:「もう済みました。」

「ロサンゼルスを奪還しよう!」

本作品は世間的には賛否両論のようですが、MICHELLEFAN的にはとても楽しめる映画だと思います。お勧めですよ。

BLA-smoke.jpg
スポンサーサイト

アバター (AVATAR) [2009]

Avatar-p1.jpg

監督-ジェームズ・キャメロン
脚本-ジェームズ・キャメロン
製作-ジェームズ・キャメロン, ジョン・ランドー, ジョシュ・マクラグレン
出演-サム・ワーシントン, シガニー・ウィーバー, ゾーイ・サルダナ, スティーヴン・ラング, ミシェル・ロドリゲス, ジョヴァンニ・リビシ

Avatar-p2.jpg

今回は、前回予告?していた通り「マチェーテ」に出演していたミシェル・ロドリゲスちゃん繋がりです。
で、MILLAFANならぬMICHELLEFANです。(笑)

「アバター」と言えば、世界中で大ヒットし、ジェームズ・キャメロン監督が構想14年・製作4年以上の歳月を費やして完成させた3D超大作です。なので何の説明も不要だと思います。

じゃ、何で取り上げたの?ってことですが・・・駆け出しのMICHELLEFANとして、まずは観なくてはならないミシェル出演の大ヒット作は「アバター」だと言う理由からです。

その他の理由としては、ジェームズ・キャメロン監督が好きだからです。
「ターミネーター」以来ずっと観てきましたが、本作「アバター」は今まで観る機会がなかったんですよね。

はじめに、ストーリーとしてはとてもストレートで直球勝負なんで、とても分かりやすいです。

ミシェルは主演じゃありません。がメッチャ良い役です。
なのでミシェル中心に・・・ってゆーかミシェルが出演してる所だけに焦点を合わせてお贈り致します。

トゥルーディ(ミシェル・ロドリゲス)がサリー(サム・ワーシントン)を案内してます。

avatar001.jpg

ミシェルってほんと軍服とか似合うよね~。

avatar002.jpg

トゥルーディの愛機SA-2 Samson(ヘリコプターの進化したもの)。
ただ100年以上後の未来の物語なんで、そんな旧式なやつ使ってるかな~?みたいな違和感がちょっとだけある。

アバターなサリーはナヴィの調査に行きますが・・・

avatar003.jpg

ミシェルってサングラスも似合ってカッコイイよね~

avatar004.jpg

アバターなサリーが行方不明になって探します・・・

avatar005.jpg

見つからず。
しかし、偶然にもナヴィのネイティリに助けられ・・・
アバターなサリーはナヴィと親密になり、ナヴィに溶け込んで行きます。

avatar006.jpg

ところが地球人は衛星パンドラでしか採れない希少鉱物をめぐって争いに発展させてしまいます。

しかし、人間はこんなに文明が発達した未来でも過去と同じ過ちを繰り返しているんですね。オワタッ!

サリーはナヴィのネイティリと恋に落ち、ナヴィを懸命になって助けようとしますが・・・

それが大佐の逆鱗に触れます。

avatar007.jpg

大佐はナヴィの住んでいる巨木を倒してしまう作戦に出た。

avatar008.jpg

大佐の部下として出陣するトゥルーディだが、「こんなのやってられない!」と大佐の命令には従わない事にした。

avatar009.jpg

サリーなアバターは大佐の進行を妨げているのがバレてしまい、監禁されてしまいます。

avatar010.jpg

ここからトゥルーディの大活躍です。
サリー達を救出すべく護衛に銃を突き付けて・・・

avatar011.jpg

ミシェルのタンクトップ姿、よく似合ってます!たまりませんね!

avatar012.jpg

銃とか持たせたら右に出る者はいませんです。

avatar013.jpg

いや、ほんとミシェルって様になってますよね~。

avatar014.jpg

だっちゅーのっ!(死語)じゃありませんから!

avatar015.jpg

愛機に乗り込んだトゥルーディ!

avatar016.jpg

上手くいったかの様に見えたが・・・大佐の執念の弾丸がグレイス博士に命中したのだった。

avatar017.jpg

ミシェルに見惚れてしまいますぅ。

avatar018.jpg

どう反撃するか?の作戦を練るのですが・・・

avatar019.jpg

弓矢対銃器なんて勝敗は見えてます。
が、サリーは土地の利を生かせば勝てる可能性があると・・・

avatar020.jpg

そんなサリーの為にトゥルーディは命を懸ける。

avatar021.jpg

戦化粧をして決戦に挑むトゥルーディ。

avatar022.jpg

大佐に一矢報いた!
大佐は「このクソ女め!」と本気で反撃に出る!
(ミシェルちゃんをクソ女呼ばわりしやがって!許せんっ!)

avatar023.jpg

トゥルーディは善戦するものの・・・

avatar024.jpg

「ごめんよ」とサリーに言い残し、敢え無い最期を遂げるいじらしいトゥルーディ。

avatar025.jpg

このシーンに涙を流してしまうMICHELLEFANでした。

今思い返しても、涙が溢れてきます。。。

avatar026.jpg

avatar027.jpg

結局、ハッピーエンドで終わります。

もう完全にジェームズ・キャメロン監督の手のひらでコロコロと転がされてしまいました。

MICHELLEFAN的には愛しいミシェルちゃんを見れただけで満足なんですが、パンドラの創造世界も十分に堪能しました。

特筆すべきは、ナヴィのキャラクターで、ほんと脱帽ものです。最初は何これ?って思って観てましたが、ネイティリなんて1時間もすると可愛く見えて来るし、色気さえも感じました。ジェームズ・キャメロン監督!あなたは凄い!!
profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR