ブルークラッシュ (BLUE CRUSH) [2002]

BlueCrush001.jpg

監督-ジョン・ストックウェル
出演-ケイト・ボスワース,ミシェル・ロドリゲス, サノー・レイク,ミカ・ブーレム



ミシェル出演作品制覇中のMILLAFANならぬMICHELLEFANです。(笑)
本作品もB級映画ですね~。
ただ特筆すべきは、この映画の主題となるサーフインのシーンはとても上手く撮っていると思います。
サーフィンを見るだけでも価値のある映画ではないでしょうか。
内容は普通の青春映画で平凡な印象を受けます。その中でミシェルは主演では無いにしろ良い役をやってますね。
まあ、MICHELLEFANとしてはミシェルを見ることができれば良いわけですが・・・

映画は、アン・マリー(ケイト・ボスワース)が夢から覚め、妹のペニー(ミカ・ブーレム)を起こし朝から波の状況を確認するところから始まります。いきなりレゲエの「Could You Be Loved」(ボブ・マーリーの曲ですが息子ダミアン・マーリーが唄ってます)が流れているじゃあーりませんか!この曲とっても好きなんです~。だって、めっちゃいかしてるもん。
もうこの時点でこの映画のサウンド・トラックが欲しくなってしまって。後に我慢できずにサントラ盤を手に入れちゃったんです。(^^ゞ
ミシェルはと言うと、もういきなり映画冒頭から登場です。サーフボードを磨いてるのか作ってるのかよく分からないけど、イーデン(ミシェル・ロドリゲス)はアン・マリーとマスクして波の話をしてます。
上記3人とリーナ(サノー・レイク)を含めて4人の女子が車にサーフ・ボードを載せて、ご機嫌で海岸へ向かいます。

海岸に着き、サーフ・ボードを降ろそうとしてると、男友達がイーデンを背後から抱きしめたり・・・ああ羨ましいなあ。
ってゆーか、ミシェルのビキニ姿って良いよね~。

BlueCrush002.jpg

1週間後にサーフィンの大会があるらしく、その話題で盛り上がってます。

BlueCrush003.jpg

アン・マリーは才能が有って、大会に出場するようです。

BlueCrush004.jpg

ミシェルってサーフ・ボードを持っても様になりますね~。

BlueCrush005.jpg

「リーフ・ブレイクよ」
「巻かれた」

BlueCrush006.jpg

「キツイ波だわ」
「凶暴ね」
「サンゴに激突」
「痛そう」
「浅瀬から回り込みましょ」
「意義なしよ」

BlueCrush007.jpg

バックにクルーエル・サマー(ブルーステネーション・ミックス)が流れて・・・最高に良いね

BlueCrush008.jpg

サーフィンのシーンは大変見甲斐がありますよー。

BlueCrush009.jpg

サーフィンってこんなに楽しいんだよ!

BlueCrush010.jpg

ミシェルは~カッコイイね~

BlueCrush011.jpg

一週間後に大会なのに、上手く波に乗れないアン・マリー。
彼女達は、ホテルのルームメイドで生計を立ててます。今日はNFLのスター選手が到着する日。

BlueCrush012.jpg

アフター・ファイブもサーフィンの練習に明け暮れます。
そんな中アン・マリーの妹ペニーは夜な夜な不良の道へ。

BlueCrush013.jpg

NFLの客室がとても酷い惨状だったので、ビーチにまでも説教をしに行ったのが禍してホテルをクビになるアン・マリー。

でもでもでも、逆にこれがNFLの選手側にアピールした形になり、マットからサーフィンのコーチを頼まれることになった。

BlueCrush014.jpg

イーデン「今の男は?」
アン・マリー「コーチしろって」
リーナ「やった!レッスン料は?」
アン・マリー「タダでは」
リーナ「聞いたの?」

直ぐに追いかけ、レッスン料の交渉です。
結局、150ドルで交渉成立

BlueCrush015.jpg

さあ、サーフィンのレッスンです。

とても楽しくやってますね~。

BlueCrush016.jpg

イーデンったら、肩車サーフィンされちゃって。あたしも~やりたいな~。

BlueCrush017.jpg

マットとアン・マリーはもっと大きな波に乗るため沖合へ。

イーデン「アン・マリー もう帰るわよ」

その直後、大きな波が来て、マットは波乗りに成功した。

BlueCrush018.jpg

これを機にアン・マリーとマットは恋に落ちて行きます。

大会の事が気になるイーデンは・・・

イーデン「お楽しみもいいけど、大会まで1週間もないのよ」
     「時期が良くないわ」
アン・マリー「でも明日もコーチする約束なの」
イーデン「シカトしちゃえば?」
アン・マリー「ノーノー」
イーデン「なぜ」
アン・マリー「前金よ」
イーデン「ラッキーね」
アン・マリー「よして」
イーデン「ジェット・スキーで沖のポイントへ行こうよ」
アン・マリー「4時でどう?」
イーデン「もっと早く」
アン・マリー「努力するわ」

BlueCrush019.jpg

アン・マリーはマットと・・・

待ちぼうけを食うイーデン。寂しそうだね。

BlueCrush020.jpg

アン・マリーとマットはホテルで一夜を過ごした。

イーデン「何してるの」
アン・マリー「お手伝いよ」
イーデン「メイドの仕事よ」
アン・マリー「怒らないで」
イーデン「別に」
     「男の目当ては体だけ 大会を忘れないで」
アン・マリー「ひどい言い方」
イーデン「わたしはただ あんたの並外れた才能を知ってるだけ」
     「必死に努力してたことも」
アン・マリー「そうね」
イーデン「大会は三日後、あらゆるスポンサーが来るわ」
     「決勝に残るのは あんたと誰か」
アン・マリー「そのつもりよ」
イーデン「みんな 必死だわ」
アン・マリー「分かってる」
       「聞いて 大会が今でも一番大事よ」

BlueCrush021.jpg

大会に向けてアン・マリーの練習が始まります。

BlueCrush022.jpg

あの波よ あれに乗って

BlueCrush023.jpg

Yeah !

BlueCrush024.jpg

波に呑まれるアン・マリー

イーデン「Shit !」
     「アン・マリー」
アン・マリー「Here over here」

無理な波に乗る練習から二人は仲違いする。

BlueCrush025.jpg

大会当日、パイプはとても凶暴だった。

BlueCrush026.jpg

アン・マリー「レベルが違うわ」

BlueCrush027.jpg

イーデン「大丈夫 楽しめばいいのよ」
アン・マリー「楽しむ?」

BlueCrush028.jpg

アン・マリーの対戦相手は波に呑まれた。

勇気を!

アン・マリーは綺麗に波に乗った。が結局波に巻かれてしまった。
得点は高ポイント4.6を獲得して次の予選に進出決定。

アン・マリーは救助され岸に着いた。

大丈夫?

BlueCrush029.jpg

マットが自分のNFLでの初戦の経験をアン・マリーに話した。
それに勇気付けられたアン・マリーは次の予選に向かう。

イーデン「まだ続けるの?」
     「大会より体が大事だわ」
アン・マリー「平気よ」

BlueCrush030.jpg

2次予選開始!

対戦相手は有名選手。

アン・マリーは中々上手く波に乗れない。その間に対戦相手は2回も決めていた。

やっとアン・マリーは波に乗った!

かにみえたが・・・波に呑まれた。

再度チャレンジするアン・マリー。

BlueCrush031.jpg

そのとき、最高のうねりが来た!

あなたの波よ!

アン・マリーはついに波に乗った。大会の観衆に素晴らしい波乗りを披露した。

BlueCrush032.jpg

その結果に皆大喜びだった。敗退したにもかかわらずオファーが殺到。ニュー・ヒロイン誕生!
女性がパイプを制覇!

BlueCrush033.jpg

エンドロールではミシェルのサーフィンを魅せてくれます。

BlueCrush034.jpg

後味が気持ちいい映画でした。

BlueCrush035.jpg

出演者は運動神経の良い人が条件だったようですが、 プロのサーファーも出演してるのでサーフィン・シーンは見事の一言です。

この暑い夏には持って来いの映画ではないでしょうか。

次回に期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR