アイズ (THE EYE) [2008]

TheEye001.jpg
監督-ダヴィド・モロー,ザヴィエ・パリュ 脚本-セバスチャン・グティエレス
出演-ジェシカ・アルバ , アレッサンドロ・ニヴォラ , クロエ・グレース・モレッツ



 クロレッツちゃん映画特集。w
ChloëFANです。(笑)
かわいいは正義。www
またまた「クロエがかわいい」映画。「アイズ」です。今回は~めっちゃ脇役です。
主役はジェシカ・アルバですが・・・何か?
結構怖い怖い映画です。怖い映画の主人公は可愛い娘が定説です。ジェシカ・アルバも魅力ありますが、主役はクロエちゃんにしてほしかった。w

内容は・・・
冒頭シーンは女性が魔女と呼ばれ首つりをします。その直後盲目のシドニー(ジェシカ・アルバ)が歩くシーンへと。シドニーは5歳で光を失い、以来別の感覚で物を見る様になった。
雨は匂いで、光は顔で感じた。でも本当は輝く太陽や雨、音楽を見てみたい。彼女は盲目のバイオリニスト。
本作は香港映画「The Eye」のリメイクであることが説明されます。
TheEye002.jpg
シドニーは姉の勧めで角膜移植手術を受けました。
TheEye003.jpg
シドニー:「だれ?」
アリシア(クロエ・グレース・モレッツ)がご挨拶。
アリシア:「シー、看護婦さんに見つかる お菓子を取られちゃうわ 私はアリシア」
TheEye004.jpg
シドニー:「私はシドニーよ」
TheEye005.jpg
アリシア:「カルテを見たわ 角膜移植ね」
シドニー:「年はいくつ」
アリシア:「9歳半」
「ゴルフボールくらいの塊が頭の中にあるの それで眩暈がするから手術するの」
「目のほうは」
シドニー:「もうすぐ見える」
アリシア:「じゃまた来るから私を見てね」
TheEye006.jpg
ではガーゼをとります いいかな
じゃ 目をゆっくりとあけてみましょう

すごい それが指なのね (見えるって素晴らしいよね)
TheEye007.jpg
アリシア:「シドニー あたし見える?」
TheEye008.jpg
シドニー:「頭のそれなあに?」
アリシア:「バンダナよ 貰ったの」
TheEye009.jpg
その夜シドニーは普通は見えないものを見てしまう。ボヤケているが異変が起き始めた。

シドニーは疑問を持った。
誰の目なの?
ドナーは誰?
それは教えられない。
TheEye010.jpg
自分の顔を鏡で見て、見える事を実感している。
TheEye011.jpg
遂にシドニーの退院する日が来た。
アリシアは記念に二人で写真を撮った。

アリシア:「不安なんでしょ でも大丈夫 この世界は本当に美しいわ」
TheEye012.jpg
シドニーは退院後も不可解な夢を見るのだった。
毎夜午前1時6分

蹲ってる子供が・・・成績表を見なかった?
シドニーが振り向いた瞬間、その子供は姿を消した。
TheEye013.jpg
許さない!待ってな!

次の瞬間このおばさんが襲ってくる・・・怖い!
TheEye014.jpg
午前1時6分また不可解な夢に魘される。
TheEye015.jpg
カウンセラーのポールにこの事を相談しても「幻を見てるんだ」と言い一向に信じてもらえない。

このポールが、かたくなに信じないんですよね。(怒)

こんなリアルな幻想ってありますか?
TheEye016.jpg
街に出たシドニーの身にまたも不可解なことが・・・

女性がシドニーを通り抜けて行ったんです。マジで!
こんなことってあり得ない!
良く見ると、それは交通事故で亡くなった直後の女性だった。
そして死神?らしき影が亡くなった女性を連れて行くのが見えた。怖い!
TheEye017.jpg
中華料理店に入ったシドニーを火事が襲う!
TheEye018.jpg
ポールが駆け付けると、そこは新聞にも載った火事で焼けた店だった。
TheEye019.jpg
ポールはシドニーを一時的に入院させた。

シドニー 戻ったのね
アリシア
何してるの?
腫瘍を取ったの
行かないと
待ってよ
TheEye020.jpg
アリシア
不安なんでしょ でも大丈夫 この世界は本当に美しいわ
ダメよ アリシア! 行かないで!
TheEye021.jpg
翌日、アリシアと二人で撮った写真を見て・・・
私じゃない!

シドニーには自分の顔が鏡でも別人に見えるんです!!!
TheEye022.jpg
これは一体誰???
TheEye023.jpg
シドニーは移植手術の事を図書館で調べた。
その結果、驚くことに移植したドナーの記憶が移植先で蘇ることがあるのを知った。

そうか、これはドナーの記憶なんだ!

エレベーターで乗り合わせた婦人
わわ!(オリジナル・ベスト・キッドの)タムリン・トミタさんじゃないですか!!!
TheEye024.jpg
勇気を出して鏡に向かい
誰なの?
望みは何?
TheEye025.jpg
正体を掴まなくては
この苦しみはずっと続く

ポールは医師免許をかけてドナーの情報を持ってきた。
シドニーとポールはメキシコへ向かった!

その途中、火まみれの人間が・・・
TheEye026.jpg
メキシコでドナーの母親と会う

私と娘さんは深い縁があるんです。

OH MY GOD アンナの目だわ

念願の娘さんの話を聞くことが出来た。
どうやら娘のアンナは予知能力を持っていたらしい。

そのため魔女呼ばわりされて自殺を図ったのだった。
TheEye027.jpg
シドニーとポールは帰り道渋滞に遭った。

するとそこでシドニーは例の死神の影が沢山見えてしまった。
そうです。今まで見たものは、ここでの大事故の予知夢だったのです。

これは大変だ!みんなを避難させねば!!
TheEye028.jpg
何とか非難させた直後、ガソリンを積んだタンクローリーに車が激突。
大爆発!!!
TheEye029.jpg
何の因果か爆発で飛び散った車の窓ガラスの破片がシドニー目に・・・
TheEye030.jpg
再度、盲目となってしまったシドニー。
TheEye031.jpg
シドニーとアンナは喜びも苦しみも共有した
目が見えなくても物事の本質は分かる
アンナの御蔭で世界を見ることが出来た。
多くの人を救うことが出来、アンナの孤独な魂をも救うことが出来た。
TheEye032.jpg
オリジナルが良く出来ていたためか、クロエの出番が少なくても本作品は楽しめましたよ。
ジェシカ・アルバのファンであれば尚更お勧めの1本です。

TheEye033.jpg

リピート 許されざる者 (NOT FORGOTTEN) [2009]

NotForgotten001.jpg
監督-ドロール・ゾレフ 脚本-トマス・ロメロ ,製作-ドナルド・ザッカーマン
出演-サイモン・ベイカー , パス・ベガ , クロエ・グレース・モレッツ



 クロレッツちゃん映画特集。w
って勝手に特集組んじゃってますが・・・当分はこれで行こうかな。
ChloëFANです。(笑) そんな訳で(どんな?)、今回わ~「リピート 許されざる者」のクロレッツちゃんですよ。

内容は・・・
娘がサッカーの練習中誘拐され、娘を救うため孤軍奮闘する父親の姿を描いたサスペンススリラー。で父親ジャックがサイモン・ベイカー。娘トビー役が当然クロレッツちゃん。残念ながら脇役です。でも主役に負けず劣らずの存在感があります。

 数年前、妻を亡くしたジャックはアマヤ(パス・ベガ)と再婚してメキシコ国境近辺の町で幸せに暮らしていた。
トビーのサッカーチームの監督もやっいて一人娘を溺愛していた。
クロレッツちゃんのサッカー姿が眩しい。w
NotForgotten002.jpg
11才位でしょうか。
可愛いですね~
NotForgotten003.jpg
悪魔崇拝のカルト教団を見てしまうトビー
ジャックがトビーをみつけた。
ジャック:「トビー、二度と来ちゃダメだ。」
トビー:「でも面白そう」
NotForgotten004.jpg
アマヤはトビーのベッドのシーツが血で汚れていたのをみて初潮を迎えたのを察知した。
アマヤ:「何か話すことは?」
     「もう女性ね」
NotForgotten005.jpg
ジャックとトビーはテレビゲームをしながら話した。
ジャック:「まだ大人じゃない」
トビー:「パパやめてよ」
ジャック:「悪かった」
NotForgotten006.jpg
ママ 大好き
おやすみ
NotForgotten007.jpg
トビーを学校へ送って行く車中で
NotForgotten008.jpg
クロエって表情がとっても豊かですよね!
NotForgotten009.jpg
口紅をさすトビー
女の子ですもんね
NotForgotten010.jpg
妙に色っぽいね
NotForgotten011.jpg
ジャック:「落とせ!」
トビー:「嫌よ ただの口紅だわ」
ジャック:「次は鼻にピアスだろ」
ガチで溺愛してますね
渋々紅を落とすトビー
NotForgotten012.jpg
学校も終えサッカーの練習中に忽然と姿を消したトビー
どうやら誘拐されたようです。誰が何の目的で?
ジャックには思い当たる節がない・・・

かくして映画開始から20分でクロレッツちゃんの出番は無くなった・・・泣
NotForgotten013.jpg
保安官達が捜査にあたり、ジャックとアマヤは記者会見をも開いた。テレビにも出演し子供を返してほしいと訴えたり、神父が祈りに来たり、祈祷会を開いたり、ラジバンダリー古!挙句の果てにはFBIまで動き出す。
アマヤは霊能者の老婆を頼りトビーの居場所を探してもらう。

ジャックは捜査線上に浮かび上がったメキシコ人を探すため保安官と現地へ向かった。
この辺りから、ジャックは訳ありであることがチラチラと見え隠れする。

現地の娼婦に呼びかけられても知らんぷり、現地の娼館に電話を掛けたりと、どうも現地にいたことがあるようにみえる。
一体ジャックは何者なのだろう?

その答えは・・・
若い頃、非情な殺し屋であった事が判明。
情を断ち切るためか「死の聖人」の儀式(殺す相手の写真を燃やして陶酔・・・全く意味が分からん。ジャックもカルト教団に入っていたのか?)を行い殺しに挑むのだった。

娘の為なら自分の命をも厭わない。娘をさらった誘拐犯の顔に割ったビール瓶をグリグリ押し付け拷問し、最後は喉に突き刺す。さらにトビーの本当の母親まで殺した。

そして罠に嵌ったことに気付いたジャック。

その頃アマヤはカルト教団で(トビーの本当の母親を殺したのはジャックなんだと)トビーを洗脳していた。霊能者の老婆が教祖?

そう、それは若い頃のジャックにアマヤは親を殺されていたのだった。ジャックはそんなこと微塵も知らず、アマヤに騙されて結婚していたって事の様です。
で娘のトビーが初潮を迎えたのを機にアマヤの復讐が始まった訳です。

クロレッツちゃん、誘拐後やっと再登場!
いやー長かったなー(笑)って1時間半以上過ぎてた
NotForgotten014.jpg
あなたから愛する者を奪う!
ジャックはアマヤからの復讐を受け、やっとトビーを救い出した。
NotForgotten015.jpg
再び犯罪を犯してしまったジャック。トビーを連れて見知らぬ地へ向かいます。
NotForgotten016.jpg
時に人は再出発を繰り返す
新しい町 仕事 友人
どこにいて 何をしても
人には消えない記憶がある
そして決して許せない事が

怖ーい、娘にこんな風に睨まれたら・・・どうしましょ
トビー(クロエちゃん)の表情は底知れない怖さを感じさせます。
NotForgotten017.jpg
死の聖人よ敵を破りたまえ
NotForgotten018.jpg
母を殺した者を見つけ復讐させたまえ
どんなに長くかかり
どれだけ苦しもうと
敵を打ち負かしたまえ
NotForgotten019.jpg
イエスがごとく
NotForgotten020.jpg
最愛の父を殺されたアマヤ、最愛の母を殺されたトビー、強烈な復讐心が受け継がれた。
そしてジャックは最愛の娘に殺される・・・悲しい殺し屋の顛末記が幕を閉じる。
NotForgotten021.jpg

平均点くらいかな?普通に楽しめますよ。ChloëFAN的には、もっとクロエを!!!でした。

ヴァニシング・チェイス (3 A.M.) [2001]

3AM001.jpg

監督-リー・デイヴィス
出演-ダニー・グローバー, ミシェル・ロドリゲス, パム・グリアー



もう師走ですね~あっと言う間の1年でしたね・・・MICHELLEFANで~す(笑)

今回はミシェルの比較的初期な作品から「ヴァニシング・チェイス」です。
邦題からはめっちゃカーアクションを期待してしまいますが、内容は全く違い見事に期待を裏切られます。

夜のニューヨーク。タクシードライバー達が遭遇する様々な危険な事件を描いた群像劇でしょうか。

サルガド(ミシェル・ロドリゲス)はレディー・ラック・タクシー社で働くタクシー運転手。
今日も1時間半の遅刻で女社長から180ドルのペナルティーを言い渡された。
女社長:「道路が混んでいての言い訳は無しよ。 180ドル!」
サルガド:「180ドル!ほぼ一晩分の稼ぎよ!払えないわ。」

お次はラシャ。5週間で5回も事故ってる。www

タクシー会社の大変さもよく分かりますね。

3AM002.jpg

その上タクシードライバーを狙った連続殺人事件も頻発している。

サルガドはゴキブリも一緒に調理されているwww チャイニーズ・フードを買った。

仲間のタクシードライバーから呼び止められた。
「おいサルガド 待てよ」

3AM003.jpg

「これ エビか? それとも何だ? 言ってやってくれ」

サルガド:「さあね 分かんないよ」

「きっとタケノコみたく足の生えた生姜だよ 醤油で黒くなったのさ」

そんな生姜有るわけなーい!!

「エビじゃないの?」

ゴキブリでしょ!!!

3AM004.jpg

サルガドは交代でラシャに車を渡す時に
「ドアのとこ 傷が付いてるからね 今朝洗車場で付けちゃたの」
「上がる前に会社に報告しておくから」
外見とは裏腹にとっても良い娘なんです。

3AM005.jpg

サルガドは精神的に病んでいる様で、メンタルケアに相談している。

「家の為に働かせられたの」
「店のドアの前に立って 客を待ってた」

3AM006.jpg

「部屋に連れて行かれて すごく心細かった」
「男が私を嘲り笑うの」
「殺してやろうと思った」
「それ以来そいつから逃げてるの」

3AM007.jpg

カウンセラー:「あんたは同じ事をずっと話続けてるんだよ」
        「あんたの心は読めないよ」

サルガド:「私がイカれてると?」

3AM008.jpg

客:「男いるのか?」
「知らない人間とは口きかないのか?」

3AM009.jpg

タクシードライバーって嫌な客でも断れない因果な商売ですね

3AM010.jpg

サルガド:「昨夜のチキンライスにゴキブリが入っていたのよ!わかる?」

チャイニーズ・フード店主:「あんたん家のゴキブリ!」

3AM011.jpg

サルガド:「撃ち殺されたいの?」

3AM012.jpg

ラシャが割って入ってテーブルに・・・

ミシェルってとってもキュートですよね~

3AM013.jpg

客:「空港までやってくれ」
  「悪魔にでも見えるかな」

3AM014.jpg

サルガドにはこの客が悪魔に見えるみたい・・・

3AM015.jpg

顔ははっきり見えないんだけど・・・でも居る。。。

3AM016.jpg

「お前に化けて追っかけてきた」

3AM017.jpg

「今日こそ終わりにしてやる!今!」
バーン!!

3AM018.jpg

サルガドは撃ち殺した客を片付けた。
その場から逃げようと、車に乗り込むがエンジンがかからない。

ハーシー(ダニー・グローバー)がラシャと一緒に偶然通りかかった。

ハーシー:「どいてみな 俺がみてやるよ」

3AM019.jpg

ラシャが車から出てきて、さっき死体を隠した草むらに入っていった。
気が気でないサルガド。
ずっと我慢してた尿意をぶちまけたのだった。(笑)

3AM020.jpg

ラシャ:「なあ サルガド」
    「ハーシーはこの事を知らない 人を殺したかもしれないんだ」

サルガド:「私もよ」

3AM021.jpg

ハーシー:「直ったぞ」
サルガド:「ありがとう ハーシー」

3AM022.jpg

俺を殺しても終わらないぞ。
銃はどこにいった。

「なくなってるわ 一体どこで」

慌てて 引き返すが・・・

銃は見当たらない。。。

3AM023.jpg

その頃、ハーシーが連続殺人犯に銃を突き付けられていた。

「逆らったら 頭をぶち抜くぞ 死にたいのか?」

集金箱を要求され、集金箱に手をかけると・・・そこにはサルガドの無くした銃があった。

地獄に仏とはこのこと。ハーシーはその銃で一命を取り留めた。

損な事とは露知らず・・・

サルガドは・・・絶望のどん底に

3AM024.jpg

街をさ迷い歩くサルガド・・・

3AM025.jpg

ここでは、ミシェル扮するサルガドの件しか取り上げてませんが、数人の登場人物それぞれの人間模様を描いた映画になってます。
殺伐としたニューヨークの夜が上手く表現されている平均点以上の映画だと思います。
何よりもミシェルの好演が光って見えました。

3AM026.jpg

本作品には、かの有名な映画監督スパイク・リーが出演してます。

ハーシーが乗せた黒人の客で「マジソン・スクエア・ガーデンまで」と言って始まる件です。
指輪の会話で69年のニックスでノッテくる。ライリー!フィリー戦でフリースローを外した!

スパイク・リーは実生活でもNBAバスケットボールが大好きなんですね。
自らの人生をバスケットボールを通じて振り返った書籍「スパイク・リーのバスケットボール・ダイアリー」を出してるくらいですから。。。

コントロール (CONTROL) [2004]

control000.jpg

監督-ティム・ハンター
出演-レイ・リオッタ,ウィレム・デフォー, ミシェル・ロドリゲス



ミシェル出演作品制覇中のMILLAFANならぬMICHELLEFANです。(笑)
本作品は、主演の二人(レイ・リオッタ,ウィレム・デフォー)がとても上手く演じていて、B級映画としては佳作の部類だと思います。決して観て損のない映画だと言えます。
また、この作品のミシェルは今までとは違い、とても可愛い女性を演じてます。ミシェルの可愛いさ全開です!!
こんな娘が彼女だったら、世の殿方は全て惚れること間違いなしです。

映画の内容(ストーリー)も、ほとんど無名な映画ながらとても上手く出来ていると思います。

極悪非道な死刑囚リー・レイ(レイ・リオッタ)の死刑が執行されて、主人公と思われるリー・レイがここで死んじゃうなんて・・・と思っていたら、目を覚ますんです。ええ~っ、何で?

リー・レイ:「ここは?」
「死体保管所だ。」
リー・レイ:「どういうことだ?」

リー・レイは医学プロジェクトの研究対象に選ばれて、この実験に同意し別人として生まれ変われることになった。
人間をコントロールする新薬を開発している コープランド博士(ウィレム・デフォー)の研究のための被験者となったのです。

新薬(アナグレス)を投与されたリー・レイは、何とか逃げ出そうと悪足掻きをして、大暴れしたりしながらも徐々に変わっていく様子を見せます。しかし、ほんとにリー・レイが変わってきているのか?変わっている様に見せかけているのか?と推理しながら見るのも面白かったです。

リー・レイは実際に社会へ出て普通に暮せるか試されることになる。

医薬品会社がこんな医学プロジェクトと言う名の組織を作って開発していると言うのも怖い話ですね~。

で、例によってミシェルまだ~。と思っていると映画開始から39分、やっとテレサ(ミシェル・ロドリゲス)登場!

control001.jpg

就職先をあちこち探しているが、さっぱり見つからないリー・レイ。

テレサはそんなリー・レイを見かねて、声をかける。

テレサ:「ねえ。」
     「あなたよ。」
     「来て。」
リー・レイ:「何だ?」
テレサ:「力になるわ。」

control002.jpg

テレサ:「用紙に記入して。」
リー・レイ:「何を書けば?」
テレサ:「わかるでしょ。」

control003.jpg

リー・レイ:「車には詳しいよ。外車でも国産でも。」
テレサ:「無事に3メートル運転できれば十分よ。」
リー・レイ:「まかせて。」

control004.jpg

この店の支配人らしい黒人にリー・レイのことを説明するテレサ。

control005.jpg

テレサのおかげでリー・レイの就職先が決まった。

リー・レイ:「ありがとう。君のおかげだ。」

control006.jpg

昼食を一緒に取るリー・レイとテレサ。

テレサは「つまんない」と言いながらも地質学入門の本を読んでる。
夜間講座の2期目に通っているようです。

control007.jpg

テレサ:「きついけどね」
リー・レイ:「道理で利口そうだ」

control008.jpg

テレサ:「洗車場の店員が?」

control009.jpg

リー・レイ:「よせよ」

テレサ:「中に入った?」

リー・レイ:「なんの?」

テレサ:「来て」

control010.jpg

洗車する車に乗り込んで。。。

control011.jpg

リー・レイ:「よくやるのか」

テレサ:「不思議ね」
     「こうしてると、なぜか落ち着くの」

control012.jpg

リー・レイ:「確かに」

control013.jpg

テレサ:「ほんの数分だけ物思いに浸れる」

リー・レイ:「わかるよ」

control014.jpg

テレサ:「ラルフに見つかる前に逃げなきゃ」

control015.jpg

リー・レイ:「テレサ、何を考えてる?」
テレサ:「当てて」

control016.jpg

自然にキスを交わそうとしますが・・・寸前で「降りて!」
洗車機の終了です。
めっちゃ良い雰囲気の二人。
この時点でめちゃめちゃ感情移入している自分がいます。

この二人に悪いことが起きないままいってくれますように・・・
でも着々と悪い方向へ進んでいるんですよね~

初デートの約束をします。

遊園地でデート。

リー・レイ:「最高だな」

テレサ:「遊園地が初めてなんて」

リー・レイ:「ガキの頃は砂場が一番だった。」

control017.jpg

リー・レイ:「ビール飲む?」

テレサ:「ノー」

control018.jpg

リー・レイ:「マジで?」

テレサ:「10か月 禁酒中」

リー・レイ:「大酒飲みには見えないが・・・」

テレサ:「お酒じゃないの」
     「付き合ってた彼がヤクの売人で、私もスピード漬けになったわ」
     「更生施設に入る頃は体重43キロに」
     「驚いた?」

リー・レイ:「いいや」
       「少なくとも君は立ち直って再出発した」

テレサ:「そうね」
     「こう思うの」
     「過去と未来を同時に見ると焦点が合わない」
     「だから現在に集中するの、今の私は・・・幸せよ」
     「それに楽しい」

リー・レイ:「俺もだ」

control019.jpg

テレサ:「そうだわ、来て」

カートを楽しむ二人。

control020.jpg

テレサ:「メリーゴーランドに乗らない?大好きなの」

リー・レイ:「いいよ」

テレサ:「怖くないから」

ここでリー・レイは殺し屋から狙われているのに気付き、トイレへ行ってくるとテレサに告げて。。。

もうハラハラなんです。
間一髪のところ、殺し屋は警備員に見つかる。

何とか逃げ延びて、テレサのところに戻るリー・レイ。

リー・レイ:「もう終わり?」

テレサ:「鼻の差で私が優勝したのに」
     「遅かったのね」

リー・レイ:「行列してたんだ」

テレサの家に寄っていくことになった。

リー・レイ:「無理に遊園地から帰って、ごめんな」

テレサ:「いいのよ、もう子供じゃないんだし」

control021.jpg

テレサ:「多くの人を信じてきたけど」
     「実は・・・あなたを信じていいか迷ってるの」

リー・レイ:「そうか」
      「君に話がある」
自分が新薬アナグレスに頼って生きてることを告白する。

control022.jpg

テレサ:「とにかく薬は効いてるのね」

自然に口づけをする二人。

control023.jpg

再度口づけしようとするが、足に付いてる発信機がコトッと鳴り、思い止まるリー・レイ。

リー・レイ:「帰るよ」

ちょっと悲しい場面。

テレサ:「初デートで寝ない人なら信じるわ」

リー・レイ:「楽しかった」

テレサ:「私もよ」

リー・レイが別れのキスをしようとしますが・・・テレサに交わされ。。。

テレサ:「後のお楽しみよ」
     「また明日」

control024.jpg

ここから畳み掛ける様にラストへ持っていきます。

殺し屋を撃ち殺し新薬の組織に追われるリー・レイはコープランド博士に連絡を取り、テレサに助けを斯う。

テレサは殺人犯かもと吹き込まれていたのでリー・レイを疑った。

control025.jpg

リー・レイ:「Teresa Please !」

control026.jpg

結末は・・・リー・レイの死で終わりますが・・・

control027.jpg

リー・レイの死ぬ間際に走馬灯のように記憶が蘇ってきます。

色々なことが・・・テレサとの束の間の恋。。。テレサはリー・レイを信じ愛していた。

control028.jpg

このシーンだけで泣けます。

最近、どうも涙脆いMICHELLEFANです。

本作品は、B級映画として括らなくても、とても良い映画と思いますが、尺を伸ばして社会派な観点から更生をもう少し突っ込んで描いていればB級佳作に終わらずA級傑作の部類に入っていたことでしょう。
予算の関係上B級映画として認識して作れば、これで最良なのかもしれませんが。。。

次回に期待です。
profile

MILLAFAN

Author:MILLAFAN
ミラちゃんと映画をこよなく愛するMILLAFANです。

Latest Articles
Comments
Trackback
Archives
Category
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Search form
RSS Link
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR